2018.02.19

清武弘嗣が全治6週間の負傷、J1開幕絶望…3月の欧州遠征、代表入りも困難か

清武弘嗣
18日のトレーニングで負傷した清武弘嗣 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セレッソ大阪は19日、日本代表MF清武弘嗣が右腓腹筋筋損傷で全治6週間と診断されたと発表した。同選手は18日のトレーニング中に負傷した。

 清武はC大阪復帰2年目となる今季、背番号を「46」から「10」に変更。2月10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎フロンターレ戦、そして14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節の済州ユナイテッド(韓国)戦と、公式戦2試合連続で先発メンバーに名を連ねていたが、離脱を強いられることとなってしまった。

 清武は昨季開幕前にセビージャからC大阪へ復帰したが、度重なる負傷に悩まされた。明治安田生命J1リーグでは全34試合中18試合の出場(6得点)にとどまっている。11月4日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ決勝の川崎F戦ではフル出場を果たして初優勝に貢献し、12月にはEAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表メンバーへ招集。しかし大会開幕3日前の練習中に頭部を打ち、脳しんとうと診断されて代表離脱が決定した。

 C大阪は21日にACLグループステージ第2節で広州恒大(中国)をホームに迎え、25日には明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスと対戦する。来月下旬には日本代表が欧州遠征を実施するが、清武は今回の負傷離脱により、メンバー入りが難しい状況となりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
セビージャ
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る