FOLLOW US

チーム3点目をマークした高木、パフォーマンスの理由は「覚えてもらいたい」

チーム3点目を決めた高木 [写真]=瀬藤尚美

 「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」が10日に行われ、昨季の明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレと、天皇杯を制したセレッソ大阪が対戦。3−2で接戦を制したセレッソ大阪がタイトルを獲得した。

 64分から途中出場したFW高木俊幸セレッソ大阪)は「理想の形でスタートできたなという感じがする」と感想を語った。

 78分に試合を決定づける3点目を決めた高木。ゴールパフォーマンスについては「なんとなくやってみようかな」と事前に考えていたこと明かし、「覚えてもらおうと。移籍して来たので、知っていてはもらえても、より印象付けるために」と理由を明かした。

 また、昨シーズンまでプレーしていた埼玉スタジアムでのゴールについては次のように語った。「泊っているホテルから会場まで移動してくる道、スタジアムの雰囲気とかすべて、レッズにいた3年間、多くの時間を過ごした場所なので、そういう部分でも、何かあったのかな」

 得点シーンについては「一瞬のひらめきと言うか、スペースがあるって思ったし、そこに走り込んで、パスの強さも最高だったので、思い切り振りぬくだけだった」と慣れ親しんだスタジアムでのゴールを振り返った。

 追加点のアシストをした元韓国代表FWヤン・ドンヒョンについては「ゴール取った場面でも、スルーパスにちょっと意外性を感じましたけど、ああいうところに走っていれば出してくれるんだな」と驚きがあったことを認めつつ、「あとは競り合いも強いから自分が動いて、というのもわかりやすかったので、やりやすかった」と連携面で手応えを語った。

 交代時に監督からの指示については「サイドの守備のところ。そこの意識と、あとは点を取ってくれと。そこは期待に多少応えられたかな」と自信を示した。ポジションには「ずっとこなしてきたポジション、一番結果を出してきたポジションなので、やりがいがある」とコメントした。

 また、C大阪については「勝つために必要なメンタリティがかなり強くあるチームだなと感じました。昨年2冠達成しているチームですし、力のあるチームだな」とチームの印象を表現。「入り込めているというか入れてもらえていると言うか(笑)。かまってくれるので、チームのみんなのおかげで助かっている」とチームに馴染めていることを明かした。

 これから開幕に向けてやってやろうかという気持ちはあるかと問われると、「あまりそういうライバル心みたいなものは、そんなにまだあるわけではない」と否定。しかし、「自分は自分がやれることをしっかりやって、ピッチで結果を出すだけと思っているので、自分の中で過度な意気込みがあるわけではない」と名言した。

 最後に、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)について「ACLはアウェイが厳しいので、そこをどう乗り切るかが大事。自分の経験がどこまで生かせるか、わからないですけど、チームに伝えていきたい」と昨シーズン浦和で優勝した経験を生かしたいと語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA