2018.02.10

「いいスタート」を噛み締める新主将・山口、自身のゴールは「おまけみたいなもの」

山口蛍
強烈なミドルシュートで先制点をマークした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨季2冠の勢いそのまま、FUJI XEROX SUPER CUP 2018を制したセレッソ大阪。さらなる躍進が期待される今季、公式戦チーム第1号は新主将・山口蛍の一発だった。

 26分、セレッソは右サイドから攻撃を仕掛ける。エリア内でボールを受けた杉本健勇が落とすと、中盤から駆け上がってきた山口が右足を一閃。「いい流れで自分のところに来た。いい崩しだったと思う」と振り返ったように、セレッソらしい見事な連動で先制点をもぎ取った。セレッソが1点を先行し折り返すと、清武弘嗣と新加入の高木俊幸が後半に追加点を奪う。3-2でJ1王者・川崎フロンターレを下し、主将の山口がトロフィーを掲げた。

「個人は置いといて、チームとして非常にいい結果。押し込まれている時間でも、昨年のルヴァン杯決勝(2-0)のように一方的になることはなかったし、自分たちのやりたいことはできていた」と手応えを示す。

 ゴールは「おまけみたいなもの」と山口らしく謙遜するが、「個人としてもチームとしてもいいスタート」になった喜びを静かに噛み締めた。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る