2018.02.10

C大阪がゼロックススーパー杯を制する! 10年ぶりに天皇杯優勝組の勝利

セレッソ大阪
ゼロックススーパーカップを制したC大阪 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」が10日に行われ、昨季の明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレと、天皇杯を制したセレッソ大阪が対戦した。

 先にチャンスを掴んだのはC大阪だった。26分、ペナルティエリア内右サイドよりで待っていた杉本健勇が、敵陣右サイドでボールを持った山村和也からパスを受けると、ゴールを背にしてポストプレーからボールを落とす。このボールに、中盤からかけ上がってきた山口蛍がミドルシュートを突き刺し、先制点をものにした。

 先制された川崎は、後半から中村憲剛と森谷賢太郎に代えて、新加入の大久保嘉人と大島僚太を投入して攻撃に厚みを加えたものの、次にゴールを奪ったのはC大阪だった。48分、杉本が空中戦で敵DFに競り勝ち、相手ゴール方向に頭で落とす。走り込んだ清武弘嗣が、田坂祐介の守備をかわしてペナルティエリア内に持ち込み、点差を2点に広げるシュートを決めた。

 しかし、川崎も黙ってはいない。51分、ペナルティエリア内で車屋紳太郎が途中出場したヤン・ドンヒョンに倒されてPKを獲得。これを小林悠がしっかり決めて1点を返した。

 それでもC大阪の勢いは止まらない。78分、相手のクリアボールを拾うと、敵陣ペナルティエリアすぐ外でヤン・ドンヒョンがボールを持つ。中央からペナルティエリア右サイドに斜めの動きで入ってきた高木俊幸がヤン・ドンヒョンからのスルーパスに反応すると、ダイレクトシュートでゴールに流し込み、再び2点のリードを奪った。

 試合終了間際に大久保に1点を返されるものの、C大阪が最終スコア3-2で勝利。C大阪は2018年になってから、天皇杯に続き2つ目のタイトルを獲得している。

【スコア】
川崎フロンターレ 2-3 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 26分 山口蛍(C大阪)
0-2 48分 清武弘嗣(C大阪)
1-2 51分 小林悠(PK)(川崎)
1-3 78分 高木俊幸(C大阪)
2-3 90+2分 大久保嘉人(川崎)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る