2018.01.22

横浜FC、元日本代表MF松井大輔を獲得! 約5カ月ぶりにJリーグ復帰を果たす

松井大輔
横浜FCへ移籍が決まった松井大輔 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜FCは22日、オドラオポーレ(ポーランド2部)から元日本代表MF松井大輔を完全移籍で獲得したことを発表した。

 松井は現在36歳。鹿児島実業高校を卒業後、2000年に京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)に加入してプロキャリアをスタートさせた。2004年9月にはフランス2部のル・マンに期限付き移籍し、初の海外挑戦。中心選手として活躍すると、2005年7月には同クラブに完全移籍した。その後はサンテティエンヌ(フランス)、グルノーブル(フランス)やレヒア・グダニスク(ポーランド)などヨーロッパのクラブを転々とし、2014年にはジュビロ磐田へ加入。そして、昨年8月にオドラオポーレへ完全移籍していた。また同選手はかつて日本代表としても活躍。国際Aマッチ31試合に出場して1得点を記録している。

 1月23日の13時から松井の加入記者会見を実施。この会見の模様は横浜FCのクラブ公式フェイスブック、インスタグラムにてライブ配信される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る