2018.01.19

目標はACL出場! 神戸が新体制発表…吉田監督「より攻撃的なサッカーを目指す」

ヴィッセル神戸
神戸が2018シーズンに向けた新体制を発表した
サッカー総合情報サイト

 ヴィッセル神戸は19日、2018シーズンに向けた新体制発表記者会見を行った。

 昨シーズンに引き続き、チームの指揮を執る吉田孝行監督は「昨年は途中からの監督就任ということで、まずは守備を立て直しました。ブロックやプレッシングの意識付けはできたと思います」とコメント。「今シーズンは守備をベースとしながら、より攻撃的なサッカーを目指します。自分たちがボールを保持してブロックを崩し切る力を付けていきたい」と攻撃面のさらなる成長を誓った。

 今シーズンの目標については「まずはAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得すること。もちろん、その中にはタイトルも含まれています。それを目指して頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 今オフには8名の新戦力を獲得。3年ぶりの復帰となる韓国代表MFチョン・ウヨンは「再び温かく迎え入れてくれたことを嬉しく思っています。タイトル獲得のために全力を尽くして頑張りたい」と意気込んだ。アビスパ福岡から加入のウェリントンは「たくさんゴールを決めて、神戸の目標達成に貢献したい」、ベガルタ仙台から加入した三田啓貴は「覚悟を持って神戸に来ました。試合に出てしっかりとチームに貢献することを目標に頑張っていきます」と抱負を語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る