2018.01.19

Y.S.C.C.横浜初のFリーグ加盟決定! 今季新設のディビジョン2参入

Y.S.C.C.横浜
Fリーグ加盟を発表したY.S.C.C.横浜
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J3リーグに所属するY.S.C.C.横浜は18日、同クラブのフットサル部門が日本フットサルリーグ・ディビジョン2(F2リーグ)に加盟することが決まったと発表した。

 F2リーグは今季から新設となる。NPO法人Y.S.C.C.(横浜スポーツ&カルチャークラブ)が運営するY.S.C.C.横浜は2014年からJ3リーグに所属している。そして今季、フットサル部門がF2リーグへ加盟することが決まった。

 同クラブは公式HPにて「サッカーJ3リーグ加盟から5年が経過。今回のF2リーグ加盟を受け、今後より一層の地域の皆様と一体となった元気な街づくり、住民の心と体の健康増進、スポーツ活動による子供たちの健全育成及び“夢・希望”を与えられるクラブ運営を目指します」と記している。

 そして理事長の吉野次郎氏は以下のようにコメントしている。

「日頃より弊クラブの活動に際し、多大なるご支援を賜り誠にありがとうございます。
本日開催の日本サッカー協会理事会での報告を受けて、正式に2018シーズンより、日本フットサルリーグ ディビジョン2に参戦させていただくこととなりました。似て非なる競技ではありますが、代表的なフットボールのもう一つの世界に飛び込ませていただくこととなりました。これも、日頃より弊クラブのフットサル活動に対する、関係各局の皆さまのご理解の賜物と感じております」

「とりわけ、長きにわたり大会参加など許可いただきました、神奈川県フットサル連盟の皆さまや対戦相手の皆さまには、大会参加の機会だけではなく、ご指導の数々を頂戴し、クラブを成長させていただきました。また、Fリーグライセンス取得には、横浜市市民局、公益財団法人横浜市体育協会、一般社団法人横浜サッカー協会の皆さまに多大なご支援を頂戴しました。ありがとうございました」

「横浜市をホームタウンとする初のFリーグクラブとして、参戦に恥じないプレーをお見せするとともに、子どもたちの健全育成を柱に健康的に楽しめる大人のスポーツとしての発展、育成年代の技術向上、フットサル特有の戦術眼向上を日々求めつつ、フットサル界の発展に寄与して行くことをミッションと位置付けたいと思います。新たな挑戦に向かいますが、多くの皆さまのご支援を頂戴できれば幸いに存じます。引き続きご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます」

 さらにフットサル部門でGMを務める渡邉瞬氏は、「この度はFリーグ加盟にあたりご理解、ご協力いただいた横浜市、公益財団法人横浜市体育協会、一般社団法人神奈川県サッカー協会、神奈川県フットサル連盟、Fリーグ事務局、クラブ、またこれまでチームに関わってくれた皆さまに感謝申し上げます。フットサルを通じて地元・ヨコハマを中心に夢や希望、憧れを多く創出し、文化として根付かせていけるよう尽力して参る所存です」と抱負を語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る