2018.01.13

鳥栖のフィッカデンティ監督、来季続投が決定…就任3年目を迎える

フィッカデンティ
今シーズン、フィッカデンティ監督率いる鳥栖は8位でシーズンを終えている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サガン鳥栖は、マッシモ・フィッカデンティ監督との契約更新を発表した。来シーズンも同監督が鳥栖の指揮を執ることになる。13日付でクラブの公式サイトが伝えた。

 フィッカデンティ監督は1967年生まれの現在50歳。イタリア出身の監督でイタリアでは当時、日本代表DF長友佑都が在籍していたACチェゼーナやカリアリ・カルチョなどを指揮した経験を持つ。2014年にFC東京の監督に就任し、明治安田生命J1リーグで指揮をとり始めた。体制2年目の2015年シーズンではFC東京を最高勝ち点、最高タイの年間順位4位に導くなど、チームの躍進に大きく貢献している。

 2016年より鳥栖の監督に就任し、今シーズンはJ1リーグを8位の成績で終えている。来シーズンで就任3年目を迎えるフィッカデンティ監督は意気込みをコメントした。

「この2年間、常に最大のサポートと強い信頼を与え続けて下さった竹原社長と共に、就任当初から掲げている“鳥栖が頂に”というプロジェクトをさらに先に進めていくために、3年目となる2018シーズンもこのチームをより高い位置に導くという強い決意を持って取り組みます。サガン鳥栖を愛する皆さま、共に戦いましょう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る