2018.01.12

DHLジャパンが浦和とのトップパートナーシップ契約継続…今年で12年目

サッカー総合情報サイト

 国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社は、浦和レッズとのトップパートナーシップ契約継続を発表。2018シーズンで12年目の取り組みとなる。

 DHLのトップパートナーシップは、2007年に浦和が日本勢として初優勝を果たしたAFCチャンピオンズリーグ出場を機にスタート。昨年、浦和は10年ぶりに日本勢で初となる2度目のアジア制覇を果した。今回の契約延長により、引き続き、DHLは浦和の国内公式試合ユニフォームショーツ、練習着の背面や埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出される。

 DHLジャパン株式会社 代表取締役社長の山川丈人氏は「世界を相手に事業を展開するDHLにとって、最重要市場の一つであるアジアで強豪チームとして確固たる地位を築きつつあり、またJリーグ随一の熱烈なサポーター層、ロイヤリティーの高い顧客基盤を持つ浦和レッズは、まさにスポンサードにふさわしいクラブと考えています。DHLはこれからも、世界の舞台を見据え挑戦を続ける浦和レッズを、強力にサポートしていきます」とコメント。

 浦和の代表取締役社長の淵田敬三氏は「今シーズンも引き続きDHLの支援を得られることを大変光栄に思います。グローバルにビジネスを展開しているDHLは、日本からアジア、世界へと挑戦を続ける我々にとって理想的なパートナーです。再び国際舞台での挑戦ができるよう、チーム一丸となって今シーズンの試合での勝利に全力を尽くします」と話している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る