2018.01.05

大宮MF小島幹敏、水戸への期限付き移籍延長…17年は16試合出場

小島幹敏が2018シーズンも水戸でプレーすることが決まった
サッカー総合情報サイト

 大宮アルディージャから期限付き移籍で加入しているMF小島幹敏の移籍期間が延長となり、2018シーズンも水戸ホーリーホックでプレーすることが決まった。新たな移籍期間は2019年1月31日まで。両クラブが5日に発表している。

 小島は1996年生まれの21歳。大宮の下部組織出身で、2015年にトップチームに昇格した。2017シーズンは水戸へ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグで全42試合中16試合に出場した。

 期限付き移籍期間延長にあたり、小島は水戸の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「来シーズンも水戸でプレーすることになりました。チームのために全力で戦うので、応援よろしくお願いします!」

 そして所属元の大宮に対しては以下のようにコメントしている。

「来シーズンも水戸でプレーすることになりました。日々全力で取り組み、成長できるよう頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします!」

 なお小島は契約により、大宮と対戦する公式戦には出場できない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る