FOLLOW US

山形、鳥栖のDF坂井と熊本のDF三鬼を獲得…GK富居は湘南へ完全移籍

DF坂井は2014年にA代表にも召集された経験を持つ [写真]=Getty Images

 モンテディオ山形は、サガン鳥栖のDF坂井達弥ロアッソ熊本のDF三鬼海の2選手が完全移籍で加入することを発表した。加えて、山形所属のGK富居大樹湘南ベルマーレへ完全移籍することも併せて公表されている。

 坂井は2014年にA代表にも召集された経験を持つ、1990年生まれの現在27歳。名門東福岡高校から、鹿屋体育大学に進学し、2012年にサガン鳥栖に加入している。その後は松本山雅FCや長崎、大分トリニータなどに期限付き移籍を繰り返していたが、今回完全移籍で山形に加入することになった。

 坂井は完全移籍に際し、以下のように抱負を述べている。

「この度モンテディオ山形に完全移籍することになりました。今年プロ5年目で初めて契約満了を経験し、多くのことを考えさせられました。改めてサッカーを職業とできることに感謝し、支えてくださった皆様、私を受け入れてくれた山形のためにも、サッカー選手として自覚と覚悟を新たにモンテディオ山形J1昇格のため全力を尽くします。よろしくお願いします」

 三鬼は1993年生まれの現在24歳。名古屋グランパスの下部組織出身で、2012年に町田ゼルビアでプロキャリアをスタートさせた。その後はV・ファーレン長崎を経て、2017年より熊本に在籍している。今シーズンは明治安田生命J2リーグで21試合に出場していた。

 三鬼は山形の公式サイトで来シーズンの意気込みを述べている。

「はじめまして、ロアッソ熊本から移籍することになりました三鬼海です。自分の持っているものを全て出し、J1昇格に貢献したいと思います。よろしくお願いします」

 加えて、同選手は去ることになった熊本にもコメントを残した。

「この度、モンテディオ山形に移籍することを決断しました。ロアッソ熊本には、僕に再びサッカーする場を与えていただきました。快く受け入れてくれたチームの関係者や、どんな苦しい時も変わらず声援を送ってくれたファン、サポーターの皆さん、僕に関わる全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです」

「本当に悩みましたが、モンテディオ山形でチャレンジしたいと思い、決断させてもらいました。今回の移籍もこれから先のサッカー人生も、この一年があったからだと思います。サッカーできることの喜びを忘れずにこれからも全力で頑張ります。熊本大好きです。本当にありがとうございました」

 富居は1989年生まれの現在28歳。2013年、ザスパクサツ群馬で選手生活をはじめ、2016年より山形に在籍していた。同選手は完全移籍に際し、山形に別れの言葉を残している。

「この度、湘南ベルマーレに移籍することになりました。どんな時でもファン、サポーターの皆様の熱く優しい声援が励みになり力になっていました。山形を離れることになりますが、これからも応援して頂けたら嬉しいです。2年間ありがとうございました」

 また、富居は加入することになった湘南には挨拶を述べた。

湘南ベルマーレに携わる全ての皆様、初めまして。富居大樹です。湘南ベルマーレという素晴らしいクラブの一員になれてとても嬉しく光栄に思います。一日一日を大切に、湘南ベルマーレのために全力で戦いますので、熱い応援よろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA