2017.10.17

残留争いの清水に打撃、チーム得点王のFW鄭大世が全治4週間…“静岡ダービー”で負傷

鄭大世
磐田戦で先発出場していた鄭大世(左) [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 清水エスパルスは17日、FW鄭大世の負傷を発表した。

 同選手は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のジュビロ磐田戦で負傷。先発出場を果たしたものの、67分に負傷交代していた。

 静岡市内の病院で検査を行った結果、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断され、全治は4週間と発表されている。

 鄭大世は今季ここまでのリーグ戦で20試合に出場し、9得点をマーク。チーム内得点王、そしてJ1全体の得点ランキングでも11位に入る活躍を見せていた。

 清水はリーグ戦29試合を終え、7勝8分14敗の勝ち点「29」で14位に沈んでおり、J2降格圏の16位サンフレッチェ広島とは勝ち点2差。次節はアウェイでベガルタ仙台と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る