2017.08.12

思考力とひたむきな姿勢で定位置確保へ、急成長を遂げる千葉DF溝渕雄志

山口戦にフル出場した千葉DF溝渕(中央) [写真]Jリーグフォト
サッカーキング編集部

「天皇杯では出ていたけど、雰囲気が全然違って。やっぱり良いスタジアムだなと思いました」

 試合後、安堵の表情で語ったのはジェフユナイテッド千葉のDF溝渕雄志。11日に行われた明治安田生命J2リーグ第27節レノファ山口FC戦で、リーグ戦で初めてフクダ電子アリーナのピッチに立ち、2-1の勝利に貢献した。

 天皇杯3回戦のガンバ大阪戦でプロデビューし、リーグ戦は第25節の愛媛FC戦で初出場を果たしてから3試合連続の先発出場。アウェイ戦が続いていたため、今節の山口戦が待望のホームゲームとなった。

「結構緊張しましたけど、アウェイで2試合出ていたのが大きかったです。良い緊張感で、うまくエネルギーに変えることができました」

「冷静に、まずは守備から試合に入った」という言葉のとおり、8分に相手選手が抜け出してきた場面では、足を投げ出してシュートをブロック。次第にゲームに慣れてくると、前線へのボールの供給やスピードを生かしたオーバーラップで攻撃面にアクセントをもたらした。特に後半は、「ラリベイに当てながら(清武)功暉くんやタカさん(船山貴之)が中に入っていった時に、空いたスペースに僕や乾(貴哉)が入るという流れをイメージしていて、少しずつそういう動きが出てきた」と連携面でも手応えをつかんだ。

 思い切りよく前線へ駆け上がるたび、スタンドからの大歓声を浴びた。試合後には恒例の“勝利のでんぐり返し”とラインダンスも周りの選手の見よう見真似でこなし、「ホームでこれだけ大勢のサポーターの前で勝てたことは、サッカー選手として冥利に尽きる」と喜びをかみ締めた。

 一戦一戦、成長の跡を見せている。リーグデビュー戦となった愛媛戦こそ「あまりうまくプレーできなかった」と反省点が多く、チームも0-1で敗戦。しかし、「試合をイメージしながらずっと練習をやってきたけど、やっぱり出てみないと分からないことはたくさんある」と大きな収穫を得た。

「愛媛戦であまりうまくプレーできなくて、そこで『やっぱり自分らしくやらないとダメなんだ』と簡単な結び方をせずに、これまで監督に求められてきたことをちゃんと紐解いて、自分の中でかみ砕いて、次の試合に向けてどうするかを考えられた」

 一試合で得られるものを最大限に吸収して、自身の糧にしていく。「その流れができたので、試合に出て成長していくというイメージはつかめている」。現在はけが人の代役として出場機会を得ているが、このまま伸び続ければ定位置をつかみ取る可能性は十分にある。

 今シーズン、慶應義塾大学から加入し、前述の発言や端正な顔立ちからも知的さを漂わせる溝渕だが、闘志を全面に出して戦う姿も魅力の一つである。山口戦の4分、左サイド前方で町田也真人が相手選手に倒されてFKを得た場面で溝渕は、逆サイドの後方にいながら手を叩いて大きなジェスチャーでチームメイトを鼓舞していた。

 ピッチに立っていない時間も含め、日々全力でサッカーと向き合い、努力を重ねることができる。溝渕のひたむきな姿勢は、千葉を勝利に導く大きな力となる。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
アタランタ
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る