2017.07.17

鈴木啓太、自身の引退試合で2ゴール! 岡野雅行は“あの瞬間”を再現

鈴木啓太
鈴木啓太の引退試合が開催された [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 元日本代表MF鈴木啓太の引退試合が17日に行われ、REDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム)と BLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)が対戦した。

 REDS LEGENDSはFW福田正博やFW岡野雅行、FWマリッチらが先発。主役の鈴木はBLUE FRIENDSの一員として、MF中村俊輔やMF阿部勇樹、MF松井大輔らとともにスタメンに名を連ねた。

 先制したのはBLUE FRIENDS。16分、右からの折り返しを受けた鈴木がドリブルでエリア内に持ち込み、右足のシュートを流し込んだ。

 30分には鈴木のシュートをGKが弾いたところを巻誠一郎が押し込み、BLUE FRIENDSが追加点をマーク。さらに43分には中村のスルーパスに抜け出した鈴木が冷静にGKをかわし、3点目となるゴールを決めた。

鈴木啓太

GKをかわし、この日2点目をマーク [写真]=兼子愼一郎

 REDS LEGENDSは福田が再三チャンスを迎えたが決め切ることができず、3点ビハインドで折り返すこととなった。それでも福田は前半終了直後に放送席に呼ばれると、「評価してほしいのは、外し続けても前を向いていたということ!」と胸を張った。

 後半は鈴木がREDS LEGENDSの一員としてと登場。そのほか、DF田中マルクス闘莉王、MF小野伸二、MFポンテ、FWワシントンといった選手たちが登場した。

鈴木啓太

後半はREDS LEGENDSの一員としてプレーした [写真]=兼子愼一郎

 するとREDS LEGENDSは59分にポンテが個人技からゴールをマーク。64分にはワシントンが1点差に詰め寄るゴールを奪うと、69分には鈴木のお膳立てからポンテが決めて試合を振り出しに戻す。さらに71分にはワシントンが2点目を決め、逆転に成功した。

 終盤の88分、BLUE FRIENDSは福西崇史がエリア内で倒されてPKを獲得。するとBLUE FRIENDSの岡田武史監督は、前半にREDS LEGENDSの一員として出場していた岡野を呼び、急きょピッチへ送り出す。このPKを岡野がしっかりと決めてスコアはタイとなった。ゴールを決めた岡野は両手を広げながら岡田監督のもとへ駆け寄り、“ジョホールバルの歓喜”の再現を果たした。

 試合はこのままタイムアップ。鈴木啓太の引退試合は4-4の引き分けで幕を閉じた。

鈴木啓太

胴上げされる鈴木啓太 [写真]=兼子愼一郎

【スコア】
REDS LEGENDS 4-4 BLUE FRIENDS

【得点者】
0-1 16分 鈴木啓太(BLUE)
0-2 30分 巻誠一郎(BLUE)
0-3 43分 鈴木啓太(BLUE)
1-3 59分 ポンテ(REDS)
2-3 64分 ワシントン(REDS)
3-3 68分 ポンテ(REDS)
4-3 71分 ワシントン(REDS)
4-4 88分 岡野雅行(BLUE)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る