2017.06.08

DAZNを大画面で楽しめるクロームキャストの使い方を紹介!

DAZNがテレビの大画面で簡単に観戦できる!
サッカー総合情報サイト

 今年よりJリーグ放送を行っているPerform社が運営するスポーツライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)。4月からリーガ・エスパニョーラの放映も開始するなど、コンテンツも続々と増え、早くも多くのサッカーファンにとって、なくてはならないメディアサービスとなっている。Jリーグ開幕から約3カ月が過ぎ、スマートフォンやタブレットなどを持ち運びながら観戦できるネット配信ならではのメリットを享受しているユーザーも多いと思うが、やはりサッカーは大画面で観てこそ、と考える諸氏もいることだろう。そんな“テレビ観戦派”に朗報だ。DAZNの対応機種に、新たにChromecast(クロームキャスト)が加わったのだ。

 Chromecastとは、Google が販売するストリーミングデバイスのこと。Wi-Fi環境下であれば、これをテレビの端子に挿し込むだけで、DAZNをはじめとする様々なオンライン動画サービスを大画面で楽しめるという代物だ。2013年に販売開始して以来、1年でアメリカ本国のシェア1位を獲得するなど、人気急上昇中のChromecastだが、その人気の理由は、何といってもその簡単なセットアップと使いやすさにあるだろう。専用のリモコンを必要とせず、Androidのスマートフォンやタブレット、iPhoneやiPadなどからも利用できる利便性こそが、Chromecastの大きな魅力だ。今回は、このChromecastを用いてのDAZNの視聴についてご紹介したい。

お手軽セットアップでDAZNが身近に!

映像再生に対応するのはカラーバリエーションが豊富な通常版の第2世代(写真)と、さらに高性能な「Chromecast Ultra」の2種類

ChromecastをテレビのHDMI端子に差し込む

 Chromecastを入手したら、早速、セットアップを行おう。テレビの背面などにあるHDMI入力端子が空いていることを確認して、こちらにChromecastのHDMI入力端子を差す。続いて電源アダプターをコンセントに差し込めば、Chromecastの側面のランプが白く点灯する。アッという間に接続完了だ。続いてテレビのリモコンにある入力切換ボタンを押して、Chromecastに該当するチャンネルに合わせよう。

Chromecastのスタートガイドは、パッケージの内側に記載されている

 Chromecast単体では何もできず、操作するにはスマートフォン、またはタブレットなど、必ずリモコン代わりとなる端末が必要となる。Chromecastをテレビにつないだら、これらの端末のブラウザから「chromecast.com/setup」にアクセスしよう。ここでChromecastの管理、操作を行えるアプリ「Google Home」をダウンロードする(Google Play/App Storeからも入手可能)。

接続が完了したら、「Google Home」アプリ(左)をダウンロード。アプリを開くと(中)、自動的にChromecastを検出してくれる(右)

 Google HomeからChromecastを起動して、テレビの画面と照らし合わせながら、案内に沿って、Wi-Fiの接続や、「Chromecast」の名前の変更(必須ではない)などを行う。ひと通り終えると、Chromecastのアップデートが開始される。端末上に「キャストの準備完了」という画面が表示されたら、初期設定は完了だ。Chromecastの箱を開封してから、ここまで時間にしてわずか15分ほどだった。

「DAZN」をテレビの大画面で楽しめる!

DAZN アプリを起動すると右上にある虫眼鏡アイコンの隣に、Chromecastのアイコンが出現している

 セットアップが完了したら、いよいよDAZNの視聴を開始しよう。まずは手持ちの端末をWi-Fiモードに切り替える。続いて DAZN アプリを起動して、DAZNで視聴したい試合の画面を選択すると、右上にある虫眼鏡アイコンの隣に、Chromecastのアイコン(写真赤枠)が出現していることにお気づきだろうか。これをタップすれば、テレビ画面に映像が転送され、大画面で視聴できるようになる。

観たい試合を選んでからChromecastのマークをタップするとすぐにTVで視聴することができる

 気になる画質については、あくまで個人の感想とはなるものの、最初の設定時に少しの違和感を覚えた程度で、その後は非常にスムーズで、不快さはまるで感じられなかった。Chromecastの利点は、Wi-Fiのダイレクト受信ができるということ。端末機器の単純なミラーリングよりも良好な受信状態が保たれるため、画質の劣化が起こりにくいという強みがある。

テレビの画面でも映像は鮮明。やはり大きな画面で試合を見られるのはメリットと感じる。

 何より大画面ならではの臨場感こそ、何物にも代えられない魅力だ。選手たちの息づかい、サポーターの熱狂、スタジアムの雰囲気などが、スクリーン越しにひしひしと伝わってくる。今年からカメラも増設され、フィールドに隣接するようなアングルもあるため、テレビ観戦ならではの迫力も増している。夫婦やカップルで仲良く観戦するのも良いが、友人やサポーター仲間を招いての観戦パーティーでわいわい盛り上がるのも良いだろう。テレビの前は、まさに特等席である。

[写真]=AFLO

 DAZNのサッカー観戦をテレビの大画面で楽しみたいという方、または、テレビではなくネット配信であることを理由に、DAZNの加入を躊躇していた方は、ぜひChromecastの購入を機に、新たなサッカーライフを切り開いていただきたい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る