FOLLOW US

「我々が支配していたゲームだったが…」浦和のペトロヴィッチ監督、失点を悔やむ

浦和を率いるペトロヴィッチ監督 [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第10節が4日に行われ、浦和レッズと鹿島アントラーズが対戦した。

 24分、鹿島は金崎夢生が反転から左足のシュートを突き刺し、先制に成功する。後半に入り、浦和は反撃を試みたものの、1点が遠く0-1で敗戦となった。

 試合後、浦和を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督がインタビューに応じている。

 今日の試合について、「試合全体を通しては、我々が支配していたゲームだったと思います。チャンスも作れていたと思いますし、ただ安い失点が我々を苦しめたと思います」と1失点を悔やんだ。

 これで2連敗となったことについては、「サッカーは非常に危険なスポーツです。いかにいい流れでここまで来ていたとしても、こういった負けがチームに重くのしかかってくる」と語り、「我々に必要なのは一つの勝利だと思っています」と次戦での勝利を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA