2017.04.22

川崎、清水戦で異例のパス数1000本超を記録…試合はドローに終わる

中村憲剛
パスサッカーの中心的役割を担う中村憲剛 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 川崎フロンターレは21日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第8節で清水エスパルスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

 この試合をライブ配信したDAZN(ダゾーン)によると、川崎のパス数は合計1014本を記録。選手別のランキングでも、上位10人に名を連ねたのはすべて川崎の選手で、そのうち3人は100本を超えていた。

 今季はFC岐阜が明治安田生命J2リーグ第3節で925本のパスを記録したことが話題となったが、4桁に到達するのは異例のことだ。世界的に見ると、パスサッカーをベースとするバルセロナが今シーズンのチャンピオンズリーグで1022本を記録しているが、今回の川崎の数字も驚異的な記録と言える。

 なお、圧倒的にボールを支配した川崎だが、試合は終了間際に痛恨の失点を喫し、2-2の引き分けに終わっている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る