2017.04.08

浦和がクラブ記録タイ7得点で大勝…齋藤の2アシストで横浜FMが磐田を下す/J1第6節

興梠は前半でハットトリックを達成した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2017明治安田生命J1リーグ第6節が7日から8日にかけて各地で行われた。

 開幕から5試合で1分け4敗と白星のなかったサンフレッチェ広島は、工藤壮人の決勝点でガンバ大阪を相手に勝利。待望の今季初勝利を収めた。

 前節、ヴィッセル神戸の開幕4連勝を止めた浦和レッズ。ホーム・埼玉スタジアム2002にベガルタ仙台を迎えた一戦は、興梠慎三のハットトリックなど、クラブ最多得点記録タイとなる7得点を奪い大勝した。

 リーグ戦4連勝中の鹿島アントラーズと2連勝中のセレッソ大阪の対戦は、古巣対決となった山村和也の得点で、アウェイのC大阪が連勝を3に伸ばした。

 13年間過ごした横浜F・マリノスを離れ、今季ジュビロ磐田に加入した中村俊輔。日産スタジアム凱旋試合となった一戦は、中村から背番号10とキャプテンマークを引き継いだ齋藤学が2アシストを記録する活躍で、ホームの横浜FMが2-1で競り勝った。

 今節の試合結果は以下の通り。

■J1第6節
▼7日
ガンバ大阪 0-1 サンフレッチェ広島
浦和レッズ 7-0 ベガルタ仙台
▼8日
川崎フロンターレ 1-1 ヴァンフォーレ甲府
鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪
大宮アルディージャ 0-2 ヴィッセル神戸
柏レイソル 0-2 清水エスパルス
サガン鳥栖 3-0 アルビレックス新潟
北海道コンサドーレ札幌 2-1 FC東京
横浜F・マリノス 2-1 ジュビロ磐田

■J1順位表
1位 神戸(勝ち点15/得失点差+5)
2位 浦和(勝ち点13/得失点差+13)
3位 鹿島(勝ち点12/得失点差+2)
4位 G大阪(勝ち点11/得失点差+5)
5位 川崎(勝ち点11/得失点差+2)
6位 C大阪(勝ち点11/得失点差+2)
7位 FC東京(勝ち点10/得失点差+2)
8位 横浜FM(勝ち点10/得失点差+2)
9位 清水(勝ち点9/得失点差+1)
10位 仙台(勝ち点9/得失点差-8)
11位 鳥栖(勝ち点8/得失点差+1)
12位 甲府(勝ち点8/得失点差-1)
13位 磐田(勝ち点7/得失点差0)
14位 札幌(勝ち点7/得失点差-4)
15位 柏(勝ち点6/得失点差-2)
16位 広島(勝ち点4/得失点差-4)
17位 新潟(勝ち点2/得失点差-7)
18位 大宮(勝ち点0/得失点差-9)

■J1第7節対戦カード(16日)
▼16日
13:00 甲府 vs 新潟
13:00 清水 vs 大宮
13:05 札幌 vs 川崎
14:00 FC東京 vs 浦和
14:00 C大阪 vs G大阪
15:00 磐田 vs 鳥栖
16:00 神戸 vs 柏
17:00 広島 vs 横浜FM
19:00 仙台 vs 鹿島

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る