2017.02.17

Jリーグ選抜と高校選抜が勝ち越しへ闘志を燃やす…過去7度の対戦では両者2勝3分け2敗

過去7度の対戦で両者2勝3分け2敗となっている
サッカー総合情報サイト

「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」に先駆けて開催される「NEXT GENERATION MATCH」の前日記者会見が行われ、U-18Jリーグ選抜の佐藤一樹監督(FC東京U-18)、橋岡大樹(浦和レッズユース)、日本高校サッカー選抜の黒田剛監督(青森山田高校)、住永翔(青森山田高校)が出席した。


 U-18Jリーグ選抜を指揮する佐藤監督は、「選手たちはやる気に満ち溢れてますので、しっかりと躍動感を持って頑張ってくれるんじゃないかなという期待を持てるトレーニングができました」と明かし、「見ている方々がワクワクするような試合になればいいなと思います」と明日の一戦を展望した。チーム最年少の久保建英(FC東京U-18)について質問が及ぶと、「本人が一番楽しみにしていると思います。年齢は一番下ですけど、普段通りトレーニングもしていますし、普段通りプレーしてもらえればいいかなと思います」と言及している。


 橋岡は「Jリーグの代表として頑張りたい」と決意を表明。対戦する日本高校サッカー選抜については、「走力や球際の強さが特徴」と分析しながらも、「僕達もそういうところで負けているとは思っていないし、自分たちの良さを出していけたらなと思います」と語った。


 今年1月、青森山田高校を率いて選手権を制した黒田監督は、「高校サッカー3年間の積み上げの中で、各指導者から学んできたことをピッチ上で表現できるように精一杯頑張っていきたい」とコメント。急遽、メンバー入りすることになった青森山田高校のGK廣末陸(現FC東京)については、「別に秘密にしていたわけではありません」と少し笑みを浮かべながらも、「山ノ井拓己(現アビスパ福岡)は今日一緒にトレーニングをしたんですけどチーム事情で戻りましたので、FC東京から廣末陸を呼んで使うことになります」と説明した。


 住永は「しっかりと勝ちにこだわってやってきたい」と述べ、「試合が45分ではないので、うまくコミュニケーションを取りながら、少しでも早く相手を飲み込めるようにしたい」と意気込んだ。


 今年で7回目の開催となる「NEXT GENERATION MATCH」は、両者2勝3分け2敗と全くのイーブンとなっている。試合は10時20分キックオフを予定。この試合の模様は、日テレジータスで3月12日(日)11:00から録画放送される。

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る