2016.09.25

激闘の“神奈川ダービー”で劇的決勝弾! 小林悠「自分が決めると信じていた」

小林悠
川崎フロンターレでプレーする小林悠(写真は8月27日の柏戦) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第13節が25日に行われ、川崎フロンターレと横浜F・マリノスが対戦。セカンドステージ3位の川崎と4位の横浜FMによる“神奈川ダービー”は、3-2で川崎が勝利を収め、明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ出場を決めた。

 川崎は14分に狩野健太のゴールで先制すると、84分には三好康児が追加点をマーク。だが、試合中に川崎GK新井章太が負傷した影響で9分間と提示された後半アディショナルタイムに試合が大きく動く。

 まずは後半アディショナルタイム4分、横浜FMが右サイドから仕掛け、シュートのこぼれ球に反応した中町公祐が1点差に詰め寄るゴールを奪う。さらに同8分、相手のミスからボールを奪った齋藤学がGKをかわしてエリア内左から折り返したボールを伊藤翔がゴール左上に蹴り込み、横浜FMが土壇場で試合を振り出しに戻した。

 だが、諦めない川崎は同10分、右CKのこぼれ球を田坂祐介が折り返すと、ゴール前の小林悠がヘディング。これがゴール右に決まり、スコアは3-2に。このままタイムアップを迎え、川崎が壮絶な打ち合いを制した。

 値千金の決勝ゴールを決めた小林は試合後、「自分が決めるしかないと思っていましたし、自分が決めると信じていました。その結果がゴールにつながって良かったです」とコメント。

 この日はFW大久保嘉人が出場停止のためワントップを務めたが、「嘉人さんの分もっていう気持ちはありましたし、今日は絶対自分が決めなきゃいけないと思っていたので、ゴールできて良かったです」と、強い気持ちが得点に結びついたと振り返った。

 チームはこれで年間首位の座をキープするとともに同3位以内が確定し、クラブ史上初となるチャンピオンシップ出場を決めた。「1試合1試合、サポーターも含めて全員で戦った結果だと思いますし、優勝目指して頑張りましょう」とサポーターに呼びかけた小林は、「自分たちがやっていることを信じて、勝つことだけを信じて、1試合1試合やっていきたいと思います」と次戦以降への意気込みを語った。

 川崎は次節、10月1日にアウェーでヴィッセル神戸と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
ホッフェンハイム
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る