2016.08.07

札幌が清水に劇的勝利で首位快走…カズがJ最年長得点記録を更新/J2第27節

都倉賢
劇的な決勝ゴールを決めた都倉賢(右) ©J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J2リーグ第27節が7日に各地で行われた。

 1試合未消化ながら2位の松本山雅FCに勝ち点5差をつけ、首位を快走するコンサドーレ札幌。今節はホームに5位清水エスパルスを迎えた。試合は開始早々の8分、札幌が相手守備陣の裏に抜け出した内村圭宏のゴールで先制。さらに28分には清水GK杉山力裕のキックミスを拾ったヘイスが無人のゴールに沈めて2点差をつける。しかし、後半に入ると清水が巻き返し、75分に途中出場の北川航也、84分に鄭大世がゴールを決めて同点に追いつく。その後も清水の猛攻が続いたが、札幌はなんとか相手の攻撃をしのぎきると、後半アディショナルタイム2分に都倉賢が決勝ゴールを沈め、3-2で勝利を収めた。札幌はこれでリーグ戦4連勝を飾った。

 2位の松本はホームで水戸ホーリーホックと対戦。しかし、両チームともにゴールを割ることができず、0-0のスコアレスドローに終わった。これで首位札幌との勝ち点差は暫定で7に広がった。

 3位のセレッソ大阪はホームで横浜FCと対戦した。C大阪は18分に杉本健勇、66分に山村和也がゴールを決めて2点をリード。しかし、75分に横浜FCの三浦知良にJ最年長記録を49歳5カ月12日に更新するゴールを決められると、79分にはイバに決められて同点に追いつかれる。さらに後半アディショナルタイム1分に内田智也にゴールを許し、2-3で横浜FCに敗れた。

 また、4位のファジアーノ岡山が1-0で徳島ヴォルティスを下したため、3位に岡山が浮上し、C大阪は4位に後退した。

 今節の結果は以下のとおり。

■J2第27節結果

北海道コンサドーレ札幌3-2 清水エスパルス
ジェフユナイテッド千葉 0-0 愛媛FC
松本山雅FC 0-0 水戸ホーリーホック
ツエーゲン金沢 1-1 ギラヴァンツ北九州
FC岐阜 1-1 カマタマーレ讃岐
ザスパクサツ群馬 2-0 モンテディオ山形
FC町田ゼルビア 2-3 レノファ山口FC
京都サンガF.C. 2-0 東京ヴェルディ
セレッソ大阪 2-3 横浜FC
ファジアーノ岡山 1-0 徳島ヴォルティス
ロアッソ熊本 1-2 V・ファーレン長崎

■J2第27節暫定順位表
1位 札幌(勝点59/得失点差26)※1試合未消化
2位 松本(勝点52/得失点差17)
3位 岡山(勝点49/得失点差13)
4位 C大阪(勝点48/得失点差9)
5位 京都(勝点46/得失点差11)
6位 清水(勝点44/得失点差24)
7位 山口(勝点42/得失点差1)
8位 町田(勝点40/得失点差6)
9位 長崎(勝点36/得失点差-1)※1試合未消化
10位 千葉(勝点34/得失点差1)
11位 横浜FC(勝点34/得失点差-2)※1試合未消化
12位 愛媛(勝点33/得失点差-4)※1試合未消化
13位 徳島(勝点32/得失点差-4)
14位 水戸(勝点31/得失点差1)※1試合未消化
15位 讃岐(勝点30/得失点差-7)
16位 山形(勝点29/得失点差-5)
17位 熊本(勝点29/得失点差-10)※3試合未消化
18位 東京V(勝点29/得失点差-12)
19位 群馬(勝点26/得失点差-10)
20位 岐阜(勝点25/得失点差-19)
21位 金沢(勝点24/得失点差-16)
22位 北九州(勝点23/得失点差-19)

■第28節対戦カード(8月11日)
山形 vs 京都
水戸 vs 熊本
東京V vs 金沢
横浜FC vs 札幌
松本 vs 岐阜
清水 vs 長崎
讃岐 vs 群馬
北九州 vs 千葉
山口 vs C大阪
徳島 vs 町田
愛媛 vs 岡山

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る