2016.08.05

【予想スタメン】3トップ採用で攻撃に自信を持つ柏、横浜FMに初黒星をつけられるか

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節
8月6日 19:00 柏レイソル vs 横浜F・マリノス(@日立柏サッカー場)

■柏レイソル 4試合9得点と攻撃好調、中谷不在の守備は不安が多い

 スコアの上では1点差の勝利も、相手の名波浩監督をして「点差以上の完敗」と言わしめた前節のジュビロ磐田戦。柏は圧倒的な内容で3連勝を収めた。

 この好調は攻撃力の充実にある。戦術面が浸透しただけでなく、2ndステージからクリスティアーノが加わったことで、チームには「自分たちの形で必ず得点は奪える」という雰囲気が漂い始めている。実際に、ここ4試合で9得点。前節の決勝点の崩しもダイレクトパスをつないだ見事な形だった。クリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東純也の3トップには「どこのチームも脅威に感じていると思う」と大谷秀和も自信を覗かせる。

 その一方で、失点の多さは気掛かりだ。2ndステージ6試合で8失点、しかも、セットプレーからの失点が多い。今節の相手、横浜FMとはJ1・1st第14節で対戦し、柏が良い試合の入りをしながらも、セットプレーから失点を重ね、終わってみれば0-3の完敗だった。今節からはリオ五輪日本代表のバックアップメンバーの中谷進之介を欠くだけに、柏としても高さは不安要素の一つ。セットプレーの守備がカギを握りそうだ。

 また、7月31日に行われた浦和レッズとの練習試合では、大津祐樹、山中亮輔、秋野央樹らサブ組も非常に良いプレーを見せ、2-1で勝利を収めた。サブの選手たちはスタメンの座を奪取しようとアピールし、チーム全体で互いに刺激し合い、良い競争環境ができつつある。大津や山中が控えるベンチメンバーも充実だ。

 柏は今節で勝てば4連勝。白星をつかみ、勝ち点3差の川崎フロンターレと浦和にプレッシャーをかけたい。(鈴木潤)

■横浜F・マリノス 3試合連続ドローとやや不調、中村の穴を埋められるか

 前節は下位に低迷する名古屋グランパスとスコアレスドローに終わった。相手が5バックという守備重視の布陣で臨んできたことは一つの要因ではあるが、これで2-2だったサンフレッチェ広島、1-1だった磐田戦に続いて3戦連続のドロー。横浜FMにとってはもったいない勝ち点1が続く。開幕から6戦無敗はキープしているが、2ndステージの順位は5位に。ステージ優勝争いで一歩後退してしまった。

 名古屋戦では、頼りの司令塔の中村俊輔が左足甲の痛みを訴えて欠場。名手不在で得意のセットプレーは怖さが消え、5試合で3得点だった好調のカイケと富樫敬真の2トップで臨んだ布陣も、2ndステージでチームは初めて無得点という結果に終わった。4試合ぶりの無失点は評価できるが、ゴールを奪えなければ勝利はない。今週も別メニュー調整が続いている背番号10の穴を、チームとしての攻撃の引き出しでどう埋めるか。夏場でスタミナも不安視されるが、攻守とも両翼のスピードある齋藤学とマルティノスに掛かる期待は大きく、サイドバックとの連係もポイントになりそうだ。

 今節対戦する柏とは、アウェーで2戦負けなし。過去は鬼門の舞台だったが、選手に苦手意識はもうないだろう。今季はすでに柏と2度の対戦があり、カップ戦では1-3で敗れたが、1stステージでは3-0と大勝している。首位とは勝ち点4差。離されず食らいついていきたい。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る