2016.08.05

【Jリーグが面白い!グランパス ビアフェス編】元SKE48・梅本まどかは勝利の女神になれたのか?

名古屋グランパスのイベント「ビアフェス」に参加した梅本まどかさん(右)と謎の酔っ払い
サッカー総合情報サイト

Jリーグが面白い。

いや、「今さら何を」と言われそうだけど、改めて思うわけです。サッカーキングの編集部員はみんな、毎週どこかのスタジアムで取材をしていて、試合はもちろん面白い(ことが多い)。でもスタジアムってそれだけじゃないよね、と。どのクラブも趣向を凝らしたイベントを企画しているし、地元の名物をフィーチャーしたグルメも充実しているし、試合後に立ち寄る地元の飲み屋さんだって、レプリカユニを着た人たちが集まるお店を選べばまずハズレなしだ(これは本当にそう)。

でだ……そういう魅力を伝えるのも我々の使命じゃなかろうか。だってテレビでサッカーを見るのと、「スタジアムに行く」って全然違うもの。サポーターの人は「当然でしょ!」と言うだろうけど、意外と未体験の人も多いのではないか……まさにそんなことを考えていたとき、耳寄りなイベント情報をキャッチしたわけですね。

7/9(土)名古屋グランパス vs 川崎フロンターレ 『グランパス ビアフェス』開催決定!

00_beerfes

生ビール1杯100円!

これを取材しないでどうする! 毎晩、ビールの泡とともに仕事の不満をグッと飲み込み、ゲップとともに(失礼)吐き出してきたオレだ。サラリーマンにとってビールはトモダチ、こわくないよ(?)。というわけでビアフェスを取材して、乾杯でひとつになってくるんで、ちょっと名古屋に行ってきてもいいですか、編集長?

編集長「それ、取材経費でビール飲みたいだけだろう!」

断じて違います! だって生ビール1杯100円ですよ? 自腹で飲みますって!!

編集長「……。」

我ながら完璧なロジックで取材許可をもらったのはいいんだけど、さて困った。というのも自分、いかんせんアラフォー男子じゃないですか。だからビールジョッキを傾ければ、眉間に思いっきりシワを寄せた「カーッ!」という顔で爽快感を表現する自信はあるのだ。あるのだけど、そういうことじゃないでしょう、みんなが見たい絵は……。

ってことで、名古屋グランパスのホーム、パロマ瑞穂スタジアムにこの方をお呼びしました!
(前置きが長くなりました。すみません)

01_beerfes

名古屋出身のタレント・梅本まどかさんです!

今日はよろしくお願いします!

梅本「よろしくお願いします♪ このアロハシャツ、すごくかわいいです」

それ、今シーズンのグランパスのオフィシャルグッズなんです。ええと、梅本さんは芸能活動をする前から、ずっとグランパスのファンなんですよね?

梅本「もともと家族がファンで。しかも私、小さいときはこのスタジアムのすぐ近くに住んでいたんです。試合の日は応援の音が聞こえてくるくらい近くて。だから物心ついたときから家にグランパスグッズがあったし、試合も普通に見に来てました」

梅本さんは現在、名古屋を拠点に活動中。プライベートでもたびたびグランパスの試合観戦に訪れているんだとか。それなら話は早い。さっそくビアフェスを体験してもらいます!

02_beerfes

まずは受付で試合のチケットを見せてリストバンドをゲット。このリストバンドをしていれば、「アサヒスーパードライ」の生ビールが100円で、プレミアム&輸入ビールが300円で買えるんです。じゃあ、まずは「アサヒスーパードライ」をいってみましょうか! ていうか、お酒飲めるんですよね? 今さらですけど……。

梅本「はい。20歳超えてるので大丈夫です♪」

03_beerfes

日本が誇るビールの定番、キリッとした爽快なノド越しを味わえる「アサヒスーパードライ」の生ビール。個人的にも日々お世話になっております、ハイ。これが100円なんです。そして、何ということでしょう……!

04_beerfes

もう空です。

これこれ、この絵がほしかった! いや、こっちの話です……ビールは好きなんですか?

梅本「普段はほとんど飲まないですね。飲んだことはあるんですけど……でも、このビールはおいしい!」

よし、駆けつけ一杯を済ませたところで、せっかくですのでステージのほうに場所を変えて、違うビールもいってみよう!

05_beerfes

スタジアム前の一角に設けられたステージには様々なゲストが出演。30分に1回ずつ、全員参加の「乾杯!」が繰り広げられた。人の背中ばかりでよく見えないのだけど、ステージ上にいるのはグランパスの公式サポートソング『Don’t Stop The Music』を歌う本格派スリーピースバンド、Qaijff(クアイフ)の皆さん。そして、これまた人の背中ばかりでよく見えないのだけど、サポーターの皆さんはそれぞれ手にビールをお持ちです。さすがビアフェス。

06_beerfes

カンパーイ!

Qaijffの掛け声に合わせて乾杯! こんな大人数で乾杯することって、なかなかないですよね?

梅本「楽しい♪ それにしてもすごい雰囲気ですね。今日は人もすごく多いし、お祭りみたいな感じ。サポーターのみんなも、お酒を飲んでどんどん楽しくなると思うので、今日はこの熱も加えていい応援ができそうですね!」

乾杯もしたことだし、楽しいビールタイムを始めましょう。「ビアフェス」の名にふさわしく、会場では1杯300円でプレミアムビールや各種輸入ビールが買える。となれば、アレしかない! そう、ビール好きにはたまらない夢の企画「銘柄別飲み比べ」だ!

07_beerfes

まずはふんわりと甘い香りが特徴のベルギービール「ヒューガルデンホワイト」(左)と、ビールの深いコクが楽しめる「ドライプレミアム豊穣」(右)から。

梅本「このビール、すごく飲みやすい!」

あ、本当ですね。「ヒューガルデンホワイト」はワインみたいな風味。一方の「ドライプレミアム豊穣」はしっかりとしたビールの旨味が凝縮された感じ。同じビールとは思えない、対照的な味わいだ。

08_beerfes

続いて、 芳醇な風味のイギリスビール「バス ペールエール」(左)と、爽やかな味わいを楽しめるベルギービール「ステラ・アルトワ」(右)にトライ。こちらも対照的なテイスト。

09_beerfes

最後は甘酸っぱい香りが漂うベルギービール「ベルビュークリーク」(左)と、麦のコクが味わい深い本格派のドイツビール「レーベンブロイ」(右)。

梅本「わっ! このビール、フルーティーな香りがします!」

どれどれ……ベルビュークリークは確かにチェリーの甘みと酸味がとても爽やか。でもアラフォー男子としては、レーベンブロイのグッと来る苦みとコクのほうも捨てがたい。

10_beerfes

で、このとおり……。

梅本さん、もしかしてものすっごくお酒に強いですか?

梅本「いや、そんなことないと思います……わからないです。 限界まで飲んだことがないので。強いのかな? どうなんですかね(笑)」

お、おう……取りあえずビールはこの辺にしておきましょうか。こっちがもう酔っ払いそう……と思っていたちょうどそのときだ。梅本さんに完全なる酔っ払いが襲いかかったのは……!?

11_beerfes

この方です。

すっかり酒に飲まれてしまったマスコット「グランパスくん」とラッキーな遭遇。どうやら「一人でも多くのサポーターの皆さんと乾杯する」という使命(?)を背負い、あっちで乾杯、こっちで乾杯と、「ビアフェス」の精神を体現しつつ、フラフラ仕事をしていたらしい。なので、当然ながらベロベロ……。というか実物、ものすごくかわいいな。なになに? 乾杯がしたい?

12_beerfes

カンパーイ!!

グランパスくん、かわいいですよね。

梅本「そうなんです! グランパスってかわいいものがたくさんあるんですよ。ユニフォームやグッズもかわいいので、女の子のサポーターにもっと来てほしいですね。私、いつも一人で観戦するんですけど、女の子一人でも全然問題ないです。グランパスサポーターって優しい人ばかりだし、すぐ仲良くなれます。とにかく一度来てみたら、楽しさがわかると思います!」

続いて、特設ステージで熱唱を終えたばかりのQaijffの3人に少しだけ時間をいただいて……。

13_beerfes

カンパーイ!!!

これぞビアフェス。ビールの力でみんな仲間。ちなみにQaijffは森彩乃さん(中央右=ボーカル&ピアノ)、内田旭彦さん(右=ベース&プログラミング)、三輪幸宏さん(左=ドラムス)の3人組で、全員が地元・愛知県出身。中でも内田さんはグランパスの下部組織でプレーした経験があって、日本代表の吉田麻也選手とチームメイトだったんだとか。今日のビアフェスの感想はいかがですか?

「サッカー、ビール、音楽。最高の組み合わせですね! イベントに出演させていただけて光栄です」

内田「ビールを片手にサッカー観戦をする休日。これほどまでに贅沢な過ごし方は他にないですよね。最高のフェスでした!」

ライブもすごく盛り上がっていましたけども、サポーターの皆さんの印象はどうでしたか?

「サポーターの皆さんも声を出して一緒に歌ってくださって、とてもうれしかったです! 『グランパスでひとつになる幸せ』を、私たちは今後も “音楽”でサポートできたらなと思っています」

三輪「グランパスサポーターとともに、僕らもチームの勝利を願って応援し続けます!」

なお、グランパスの公式サポートソング、『Don’t Stop The Music』のミュージックビデオ(名古屋グランパスver.)には、グランパスの選手やスタッフ、サポーターの皆さんが登場。グランパスサポーターの方、必見です。

.
さて、ビアフェスはまだまだ盛り上がっているところなんだけど、我々もグランパスくんに負けじと仕事しなければならない。さすがにもう気づいている方もいるだろう。「イベントレポート」と言いながら、実は我々、ここまでひたすらビールを飲み、乾杯していただけなのだった!

というわけで、「ビアフェス」という、サッカーファンの心を奪う素敵な企画を実現させたグランパスのスタッフの方に話をうかがってみよう。お話を聞かせてくれたのは名古屋グランパスエイト マーケティング部の梅村郁仁(ふみひと)さんだ。

14_beerfes

グランパスの梅ちゃんに、サポーターの梅ちゃんが突撃!

梅本「私、先日の『グランパス ワンダーランド』(5月4日・J1横浜FM戦)も『ガールズフェスタ』(5月21日・J1鹿島戦)もスタジアムに行ったんですよ。今日のビアフェスも、試合前のGLAP(オリジナルの手拍子)なども含めて、サポーターの一体感を高めるためにクラブの方がすごく頑張ってるな、と感じるんです」

梅村「サッカーはもちろん試合がメインなんですが、それだけでなく、“試合のある一日” を満喫していただきたいなと思っているんです。こうしたイベントを開催することで、ご家族や友人の皆さんと楽しんでいただけたらうれしいですね」

梅本「今後のイベントも楽しみにしているんですけど、どんなものを予定しているんですか?」

梅村「8月13日の浦和レッズ戦で、縁日などを楽しめる『グランパス夏祭り』を開催する予定です。夏祭りにふさわしいイベントやグッズの販売のほかにも、この日は先着30,000名様にアカT(アカイTシャツ)をプレゼントします! 梅本さんもぜひ来てください」

梅本「うわあ、盛り上がりそうですね。私もお祭り大好きなんですけど、そういう人が集まったらすごく楽しそう! お盆だから、普段なかなか来られない人にも来てほしいですよね。私も浴衣を着ていきたい! あ、でも浴衣にTシャツを着たら変ですよね(笑)」

グランパス夏祭りの詳細はコチラへ!
夏祭りバナー2

“梅ちゃん” 同士で話は尽きないところですが、そろそろキックオフに備えてスタンドに移動です。

15_beerfes

ユニフォーム姿もいいですねー。

少しチームの話もお聞きします。最近のグランパスは調子を落としていますが、サポーターとしてどう思いますか?

梅本「今はチームも試行錯誤している感じなので、勝利を祈るしかないのかな、と思います。でも開幕のときより、パス回しの意図が見えるプレーが増えてきたので、前より良くなってきた感じがします。もっとピッチでの意思疎通がうまくいくように、頑張ってほしいですね」 

あら意外と、と言ったら失礼ですけど、しっかり見てるんですね。チームが不調だと応援する気もなくなる、ということはないんですか?

梅本「負けたときは本当にショックですけど……ただ、スタジアムで見ていると、選手の皆さんが頑張っている姿勢が伝わってきて、逆にもっと応援して、もっと一丸になって、もっといい順位に押し上げられたらって思うんです。高校生のときにチアリーディングをやっていたので、会場の空気ってすごく大事だと思うんですよ。私は声援は届くと信じてます!」

なるほど。では、今日の川崎フロンターレ戦、梅本さんの予想は?

梅本「川崎、強いですもんね。でもグランパスも新しい選手が入ったし、その化学反応がどうなるか。どういう新しい動きができるか、というところですよね……。そこに期待を込めて、3-2でグランパスが勝つと予想します!」

16_beerfes

さて、気になる試合結果はこちらでご確認ください……。

悔しい! 不思議なことに本気で悔しい。というのも我々、取材記者は中立であるべきなので、普段はどちらのチームにもほとんど感情移入しないわけですよ。それが記者席にいながら、その日は猛烈にグランパスを応援していた……。うまいビールでいい気分になっていたから? まあ、それは否定しない。けれど、たぶんもっと上手な説明もできるはずだ。

100円のビールに釣られてやってきただけなのに、見ず知らずのサポーターの方々と一緒になって、何度も「カンパーイ!」と声を上げた。一緒になって楽しんだ。そのせいで、すっかり彼らの仲間に入れてもらった気がしてしまったわけですね……。うん、「乾杯でひとつになる幸せ」というのは、つまりそういうことだよねと、ふと思う。帰りの新幹線で、「アサヒスーパードライ」の缶を開けながら。

やっぱり、スタジアムで飲むビールにはかなわない。

(写真=三浦彩乃)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る