2016.07.30

川崎が15戦負けなしで首位堅守、快勝の浦和も追走…好調の鳥栖が3位に/J1・2nd第6節

川崎フロンターレ
小林(中央)の6試合連続ゴールなどで川崎が湘南を下した [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が30日に各地で行われた。

 年間順位、セカンドステージでともに首位を走る川崎フロンターレは敵地で湘南ベルマーレと対戦。前半のうちに車屋紳太郎のゴールで先制すると、後半立ち上がりに大久保嘉人が追加点を奪う。60分には小林悠がクラブ新記録となる6試合連続ゴールを決めてリードが3点に広がった。ここから湘南に反撃を受けて1点差まで詰め寄られたが、なんとか逃げ切り3-2で勝利。これで15戦負けなしとし、首位をキープしている。

 川崎と勝ち点で並ぶ2位浦和レッズは敵地でヴァンフォーレ甲府と対戦。武藤雄樹と李忠成が前半のうちにゴールを挙げると、この2点を守り切って2-0で勝利を収めた。

 敵地でサガン鳥栖と対戦したファーストステージ王者の鹿島アントラーズは、20分に先制ゴールを許すと、攻撃陣が不発に終わりこのままタイムアップ。手痛い連敗となった。一方の鳥栖はセカンドステージ無敗をキープし、3位に浮上している。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1 2nd第6節結果
▼ヴァンフォーレ甲府 0-2 浦和レッズ
得点
0-1 14分 武藤雄樹(浦和)
0-2 45分 李忠成(浦和)

▼アビスパ福岡 1-1 ベガルタ仙台
得点
0-1 36分 ウイルソン(仙台)
1-1 57分 坂田大輔

▼横浜F・マリノス 0-0 名古屋グランパス

▼湘南ベルマーレ 2-3 川崎フロンターレ
得点
0-1 32分 車屋紳太郎(川崎)
0-2 48分 大久保嘉人(川崎)
0-3 60分 小林悠(川崎)
1-3 63分 大竹洋平(湘南)
2-3 90分 アンドレ・バイア(湘南)

▼アルビレックス新潟 0-1 FC東京
得点
0-1 48分 東慶悟(FC東京)

▼ジュビロ磐田 1-2 柏レイソル
得点
1-0 23分 ジェイ(磐田)
1-1 58分 栗澤僚一(柏)
1-2 ディエゴ・オリヴェイラ

▼ガンバ大阪 1-0 サンフレッチェ広島
得点
1-0 52分 阿部浩之(大阪)

▼ヴィッセル神戸 1-0 大宮アルディージャ
得点
1-0 55分 高橋峻希(神戸)

▼サガン鳥栖 1-0 鹿島アントラーズ
得点
1-0 20分 豊田陽平(鳥栖)

■J1 2nd第6節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点16/得失点差9)
2位 浦和(2位)(勝ち点16/得失点7)
3位 鳥栖(9位)(勝ち点14/得失点5)
4位 柏(5位)(勝ち点13/得失点2)
5位 横浜FM(7位)(勝ち点12/得失点7)
6位 G大阪(6位)(勝ち点11/得失点4)
7位 神戸(10位)(勝ち点10/得失点3)
8位 広島(4位)(勝ち点8/得失点2)
9位 鹿島(3位)(勝ち点7/得失点1)
10位 仙台(11位)(勝ち点7/得失点-4)
11位 大宮(8位)(勝ち点6/得失点-1)
12位 FC東京(12位)(勝ち点6/得失点-2)
13位 甲府(15位)(勝ち点5/得失点-4)
13位 福岡(18位)(勝ち点5/得失点-4)
15位 磐田(13位)(勝ち点4/得失点-4)
16位 新潟(14位)(勝ち点3/得失点-4)
17位 湘南(17位)(勝ち点3/得失点-8)
18位 名古屋(16位)(勝ち点2/得失点-9)

■J1 2nd第7節対戦カード(8月6日)
鹿島 vs 仙台
浦和 vs 湘南
大宮 vs 福岡
柏 vs 横浜FM
FC東京 vs 磐田
川崎 vs 甲府
新潟 vs 神戸
G大阪 vs 鳥栖
広島 vs 名古屋

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る