FOLLOW US

【予想スタメン】エース加入で攻撃力向上の柏、“天敵”磐田と対戦

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節
7月30日 19:00 ジュビロ磐田 vs 柏レイソル(@ヤマハスタジアム)

■ジュビロ磐田 2試合連続で上位陣にドロー、複数得点が勝ち点3のカギ

 前節はリーグ戦4連敗中と苦手にしていた横浜F・マリノスとドロー。逆転の好機もあり、互角以上の戦いを演じた。川崎フロンターレ戦に続いて2試合連続で上位相手から勝ち点1を奪い、チーム状況は向上している。

 連動した守備が攻撃の迫力につながっている。1stステージからシュート数は格段に増え、横浜FM戦は今季最多の16本を放った。好調のチームを牽引するのは、ボランチ川辺駿。期限付き移籍元のサンフレッチェ広島との2ndステージ開幕戦は契約上の理由で出場できなかったが、それ以降はすべて先発している。前節は豪快なミドルでJ1初得点をマーク。中盤の底から飛び出し、攻撃に推進力をもたらす20歳の活躍が今節も期待される。一方で、2点目が取れないのは課題。1-0でゲームを終えるような巧みな試合運びができるほどのチーム力はなく、複数得点を奪えるかどうかが勝ち点3へのカギになりそうだ。

 1stステージ第3節の敵地戦は、柏の華麗なパスワークに翻弄された。シュート数は磐田の7本に対し、柏は17本。終了間際に辛うじて追いついたが、内容は“完敗”だった。さらに前回対戦から点取り屋のクリスティアーノがヴァンフォーレ甲府から加入。磐田の生命線でもある前線からの積極的なプレスが、相手の強力攻撃陣を抑えられるかが勝負の分かれ目となるだろう。柏はリオ五輪日本代表GK中村航輔を欠く。J2で戦った昨季、期限付き移籍中のアビスパ福岡で3試合無失点に抑えられた難敵の不在はプラスだ。

 磐田は柏戦からのホーム戦3試合を「真夏の大決戦」と題して戦う。クラブ史上初めて着る赤のユニホームで2ndステージ初勝利を飾れるか。(totoONE編集部)

■柏レイソル ここ3試合で7得点と攻撃陣好調も、ゲーム運びに不安あり

 クリスティアーノのハットトリックによってガンバ大阪を撃破した柏は、5月以来のリーグ戦連勝を飾り、上昇気流に乗る足掛かりをつかんだ。

 とりわけ“クリスティアーノ効果”による攻撃力のアップは著しい。クリスティアーノのハットトリックばかりが取り沙汰される前節も、伊東純也、武富孝介が迫力のある攻撃を展開。直近の3試合で7得点と、試合では最低でも1、2点は奪えるという自信があるだけに「だからこそ守備が重要になる」と栗澤僚一も今節のポイントを挙げる。

 その守備には若干の不安がある。前々節のFC東京戦こそ完封勝利を収めたものの、直近の3試合で5失点。しかも広島戦、G大阪戦では先制したにも関わらずゲーム運びに難があり、同点、あるいは逆転を許して自分たちでゲームを難しくしてしまった感があった。特にカウンターを受けるケースが多かったため、今週のトレーニングでは自分たちが攻撃をしているときのリスクマネジメントを徹底させた。

 また、磐田は柏にとって“天敵”と呼べる相手でもある。3年連続でタイトルを勝ち取ってきたネルシーニョ監督時代でさえ、4連敗を含む1勝5敗と大きく負け越し。ここ2年は対戦がなかったが、今季の1st第3節では後半アディショナルタイムに追いつかれて白星を逃した。柏としては敵地で“天敵”を撃破することで、さらに勢いをつけたい。

 24日に行われた青山学院大学との練習試合では、これまでけがで戦列を離れていた大津祐樹、茨田陽生らが活躍し、5-0の大勝を収めた。選手層も厚みを増している。2ndステージの巻き返しと、真夏の反攻へ向けて準備は万端だ。(鈴木潤)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA