2016.07.29

【予想スタメン】連敗ストップの新潟、新監督の采配に注目が集まるFC東京を迎える

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節
7月30日 19:00 アルビレックス新潟 vs FC東京(@デンカビッグスワンスタジアム)

■アルビレックス新潟 前節で2ndステージ初白星、今節を最後に野津田と鈴木が離脱

 前節の大宮アルディージャ戦は守備の連動が乱れてサイドを崩され、先制を許した。クロス気味のボールがポストに当たって転がり込む失点に、4連敗中の悪い流れが感じられたが、2分間でラファエル・シルバ、野津田岳人がゴールを挙げ、逆転に成功した。

 5試合連続で失点し、より守備が安定することが求められるところではあるが、終了直前にはGK守田達弥のファインセーブもあって、2ndステージ初勝利。連敗を「4」で止めたチームは、当然ポジティブな雰囲気に包まれている。

 交代時には太ももを押さえ、担架で運び出されて心配されたラファエル・シルバも、今週のトレーニングは問題なくこなせている。ふくらはぎの肉離れによる長期離脱から復帰して初ゴール。シーズン6ゴールはチーム最多で、エースの復調は朗報だ。

 決勝点の野津田は3試合連続でゴールに絡み、先発で試合を重ねるごとに存在感を増している。今節を終えると鈴木武蔵とともに、リオ五輪日本代表のサポートメンバーとして一時、チームを離れることになるが、「しっかり結果を残して、新潟を代表してリオに向かいたい」とモチベーションは一層高まっている。

 FC東京の監督交代に伴い、今週のトレーニングは対策の難しさがあった。その分、自分たちのサッカーを見詰め直し、攻守を研ぎ澄ませている。また、疲労感を訴えた舞行龍ジェームズが一部、別メニューとなったが、試合前々日から合流。本番に備える。(totoONE編集部)

■FC東京 篠田新監督は新システムを採用か、米本の負傷離脱は大きな痛手

 前節3連敗を喫して、2ndステージは16位、年間順位も13位に後退した。この結果を受け、ヘッドコーチの篠田善之を新監督に迎え、立て直しを図るべく新たなスタートを切った。篠田監督は、目の前の一戦の結果にこだわりながら、チームとしての成熟の両立をめざして、「攻守にアグレッシブに戦い、躍動感のあるスタイル」を掲げる。

 サッカーの原点に立ち返り、選手たちにはまずはハードワークや戦う姿勢を前面に押し出すことを求めた。また、直近の試合では終盤に運動量が低下し、失点の要因となっていたこともあり、フィジカルコンディションを高める目的もあり、連日、強度の高いトレーニングを続けた。

 前線からプレスをかけ、ボールを奪いにいくことや、切り替えの早さを徹底させたが、ただし準備期間の短さも相まって、「守備の整備に時間を費やしたことも確か」と明かす。攻撃面では、個々の特徴を生かすために、ムリキをサイドに、東慶悟をトップ下に配するなど、新たなシステムにも着手しているが、1トップには、ネイサン・バーンズ、平山相太、前田遼一らを起用。「前線の組み合わせを探っている段階」でもあり、まだ流動的だといえるだろう。

 一方、米本拓司が右膝負傷のため、長期離脱を余儀なくされたことは大きな痛手だ。その苦境を、選手の本来の強みを生かして乗り越えることで、「まずは自信を取り戻したい」という篠田監督。初陣の戦いと采配にも注目が集まる。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る