2016.07.29

【予想スタメン】攻撃的スタイルの湘南と川崎が激突…1stステージ対戦時は壮絶な撃ち合い

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節
7月30日 19:00 湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ(@Shonan BMWスタジアム平塚)

■湘南ベルマーレ 3試合ノーゴールで3連敗、原点に戻って攻撃向上へ

 アルビレックス新潟に1-0の勝利を収めた2nd第2節以後、第3節サガン鳥栖戦と第4節ヴィッセル神戸戦でそれぞれ0-2、前節はベガルタ仙台に0-1と、目下3連敗中の湘南である。いずれも先制を許し、その後、堅守を強める相手のブロックを崩し切れずに無得点で敗れている。

 粘り強いディフェンスが失点減につながっている一方、重心が下がりがちの戦いを振り返り、高い位置でボールを奪い攻撃につなげるという本来の自分たちの志向を彼らはトレーニングを通じて改めて見つめ直している。すなわち、原点の再確認だ。

 今節は年間と2ndステージの両方で首位に立つ川崎をホームに迎える。通算対戦成績は湘南の6勝6分12敗、連敗の渦中にある湘南とは対照的に現在リーグ戦14試合負けがないなど、川崎の優位を示す要素には事欠かない。リーグ屈指の攻撃力に加え、リーグ最少失点と守備面でも安定を見る彼らは紛れもない強敵だ。ただ、4-4で決した1stステージ第2節の戦いも示すように、両者ともに攻撃的なスタイルの下、自分たちの良さを表現することに意識を傾けるチームのため、特長は発揮しやすいだろう。

 3連敗を含め、湘南の2ndステージの成績はここまで1勝4敗と芳しくない。だがトレーニングは変わらず前向きな一体感と成長への意欲に包まれており、スタメン表に記されていないメンバーを含め、コンディションは全体的に良好だ。結果に左右されずに保たれている彼らのポジティブなパワーは、きっと勝ち点を近づけるに違いない。(隈元大吾)

■川崎フロンターレ 前節は粘り勝ちでリーグ戦14試合負けなし、相手に合わせず川崎のサッカーを貫けるか

 前節のFC東京戦は、終盤までスコアレスで進む展開を競り勝っての白星。我慢比べに負けない粘り強さを発揮し、リーグ戦14試合負けなしとなった。

 前節の相手は引いて構えてきたが、今節の湘南の守り方はその逆だ。前線から人数を掛けてくる湘南のボール狩りに対して、いかに自信を持ってボールを運ぶか。そこがポイントになるが、風間八宏監督は「ボールを取られずに運ぶ。それがウチのやり方。相手が前から来たら、来たなりにやらなくてはいけないし、下がって後ろにいるなら、後ろにいるなりのやり方をしなくてはいけない」と相手のスタイルを意に介さない。選手の対応力がカギとなる。

 とりわけ目を向けたいのは、後方のビルドアップ力だ。現在、センターバックのポジションは、ボールを動かす技術に長けた井川祐輔と谷口彰悟のコンビで支えている。復帰したエドゥアルドも存在感を見せているが、現状のファーストチョイスには至っていない。局面に人数を掛けて奪いにくるということは、それだけ他が空くということであり、後ろがいかに的確に見つけてかいくぐるか。GKチョン・ソンリョンも含めた後方の展開力に注目したい。

 湘南を想定した紅白戦では様々な組み合わせを試していた主力組だったが、顔ぶれは前節と同じと予想する。昨年の対戦ではアウェーで逆転負けを喫しており、下位に沈んでいるとはいえ、気を引き締めて臨まなくてはない。(いしかわごう)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る