2016.07.12

6月度J1ベストゴールは福岡FW金森に決定「川崎の1stステージ優勝を止めた」

金森健志
川崎戦の得点が6月度のJ1月間ベストゴールに選出された福岡FW金森 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは12日、6月度月間ベストゴールを発表し、アビスパ福岡FW金森健志のゴールが選出された。

 ベストゴールに選ばれたのは6月18日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節の川崎フロンターレ戦で、金森が9分に決めた右足シュート。

 Jリーグ選考委員会はこのゴールについて、「トップスピードを維持したまま味方からのボールを胸でトラップし、高く上がったボールをボレーやヘディングではなく足裏で流し込んだシュート。流れのなかで相手 GK が前に出てきたところをよく見て判断を決めた冷静さと、バランスを崩すことなく自分の間合いで決めた技術の高さが評価された」と評価している。

 続けて、「この試合に勝てば川崎フロンターレのファーストステージ優勝の可能性が高かった状況で、多くのサッカーファンの度肝を抜くインパクトのある先制点であった。その後15分にも追加点を決め、この2得点の活躍が川崎のファーストステージ優勝を止めたと言っても過言ではない」と、同試合前にはファーストステージ首位に立っていた川崎から2得点を奪ったプレーは非常に価値があったと称賛している。

 金森は、クラブ公式サイトを通じて「月間ベストゴールに選んでいただきありがとうございます。初めて受賞でとても嬉しく思います。川崎フロンターレ戦のあのゴールは、胸でボールを受けた時に谷口(彰悟)選手が来ているのが見えていたので、うまく抜け出すことができました。そのあとGKが出てくるのも見えたのでキーパーのタイミングをずらしてシュートを打ちました。周りの動きをしっかり見て、瞬時に判断した動きがすべてプラスにつながったゴールだと思います。今回のこの受賞を自信にまたベストゴールに選出されるようなゴールをたくさん決めていきたいと思います。またリーグ戦はセカンドステージが始まり、非常に厳しい試合が続いていますが、目標のJ1残留に向け、一つでも多くのゴールを決めて勝利に貢献できるよう努力していきたいと思います。これからも熱いご声援をよろしくお願いします」と冷静にゴールシーンを振り返り、自身初の受賞を喜んだ。


欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る