FOLLOW US

川崎、5試合ぶりの無得点で3連勝ならず…新潟は3戦連続のスコアレスドロー

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第13節が21日に行われ、アルビレックス新潟川崎フロンターレが対戦した。

 新潟は18日に行われたJリーグ・ヤマザキナビスコカップ第5節柏レイソル戦で公式戦9試合ぶりの白星。リーグ戦でもガンバ大阪、浦和レッズを相手に2試合連続の無失点で引き分けている。メンバーには、山崎亮平、田中達也、レオ・シルバらが入った。一方の川崎は、前節ヴィッセル神戸に3-1と勝利して再び首位に浮上。2試合連続の3ゴールでリーグ最多26得点と攻撃陣が好調を維持している。メンバーには、9ゴールで得点ランクトップに立つ大久保嘉人、小林悠、中村憲剛らが名を連ねている。

 先に決定機を迎えたのはアウェーの川崎。7分、高い位置でボールを奪った登里享平のスルーパスでエリア内左に抜け出した小林が、左足でシュートを狙う。ボールは左ポストを叩き、得点には至らない。18分に獲得した左CKを中村が右足でクロスを供給。ファーサイドでエドゥアルドが頭で合わせたが、GK守田達弥の好セーブに阻まれた。

 対する新潟は21分、左サイドから前野貴徳が左足でグラウンダーのクロス。山崎と相手DFがボールを奪い合ったこぼれ球に反応した加藤大がエリア外中央から左足でシュートを放つ。しかしながら、うまくミートできずGKチョン・ソンリョンにキャッチされてしまう。

 41分にも新潟がチャンスを作る。エリア外中央でレオ・シルバからボールを受けた小塚和季が田中に短いパスでつなぐ。前を向くと右足を思い切り良く振りぬいたシュートはゴール左下を捉えたが、GKチョン・ソンリョンに弾き出された。前半はこのまま終了し、スコアレスで折り返す。

 後半に入って52分、川崎が右サイドでフリーキックを獲得。キッカーの中村が右足でクロスを入れると、ニアサイドで小林がヘディングシュートを放つ。ゴールの枠を捉えたが、GK守田が何とか弾き出した。

 新潟は68分、小塚のスルーパスでエリア内左に山崎が抜け出す。左足で中央に折り返すと、飛び込んだ加藤が左足で合わせたが、相手DFがブロックしてゴール左に外れた。

 先制点を奪いたい川崎は立て続けに交代カードを切る。70分、登里に代えて中野嘉大を投入、80分には森谷賢太郎を下げて田坂祐介をピッチに送り込んだ。対する新潟は85分、山崎に代えて指宿洋史を投入した。

 なかなか両チームともにシュートまで持ち込めない時間帯が続いていたが87分、新潟がこの試合最大のチャンスを迎える。ロングボールで相手DFの裏に抜け出した指宿がGKチョン・ソンリョンと1対1になる。右足でシュートを狙ったが、ボールはゴール上に外れてしまう。45分にもカウンターからレオ・シルバがエリア外中央で相手DFを引きつけて、エリア内右の伊藤優汰にラストパス。左足でシュートを放ったが、GKチョン・ソンリョンの好セーブに阻まれた。

 試合はこのまま終了。新潟はリーグ戦3試合連続のスコアレスドローに終わった。一方の川崎は5試合ぶりの無得点で連勝は2でストップした。

 次節は29日、新潟は敵地で仙台と、川崎はホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 0-0 川崎フロンターレ



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO