2016.04.29

決勝点の大久保、敵地勝利は「気持ちいい」…中村との連携にも自信「相手DFは絶対に嫌」

サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第9節が29日に行われ、川崎フロンターレはアウェーでガンバ大阪と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 決勝ゴールを決め、J1通算ゴール数を162ゴールに伸ばしたFW大久保嘉人は「今日はキツかった」と率直に述べ、足がつるほど攻守に奮闘した試合を振り返った。

 川崎は昨季までのG大阪の本拠地・万博記念競技場での過去11戦で、3分け8敗と勝ち星がなかった。初のアウェーゲーム勝利に「アウェーで1-0は気持ちいいですね」と喜びを噛み締めた。

 前節の浦和レッズ戦に敗れたことで、川崎は再び首位を追う立場となった。逆転での優勝に向けては「1試合1試合大事に」戦っていく必要があり、ベストな試合内容ではなくても「勝てたことが大きい」と話した。一方で「今日は今日のことで忘れて、次に行かないと。優勝するにはまた勝たないといけないので、そこをどういう気持で入れるかが重要」と次戦に目を向けている。

 また、この試合ではMF中村憲剛がトップ下の位置に入った。これについては「憲剛さんがあそこに入ったことで、すごく距離感が近い」とプレーしやすかった回想。「自分が下がれば憲剛さんが上がってきてくれて、僕が憲剛さんに当てて、そこからゴール前に入れる。だから、よりゴール前のチャンスが増えるんじゃないかな。相手DFは絶対に嫌だと思う」と自身が相手にとってより脅威な存在になれるという。

 ファーストステージは残り8試合。「粘り強くやれていますけど、まだまだです。真価を問われるのはこれからだと思う」と逆転優勝に向け、改めて気を引き締めた。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る