FOLLOW US

【予想スタメン】好調浦和、“引いて守る”仙台守備陣を崩せるか

ここまで4得点の浦和FW興梠(左) 、リーグ戦全試合に先発出場中の仙台DF平岡 [写真]=Getty Images

■浦和レッズ 連戦を終えて休養十分、守備陣の安定感は抜群

 リーグ戦第7節の仙台戦を迎えるにあたり、一番大きいのは前節の横浜F・マリノス戦から中5日の休養を取れたことだ。スコアレスドローで終わった横浜FM戦は公式戦3連戦の最終戦、さらに直近のACL第4節広州恒大戦でフィジカル、メンタルともに大きく消耗した後の試合とあって、明らかに疲労が色濃く見えるパフォーマンスだった。その試合からリフレッシュする時間が取れたのは、間違いなくプラス材料と言っていい。

 ただ、それでも気になるのは柏木陽介のコンディションだ。柏木は横浜FM戦の前から心身ともに疲労感に襲われていることを認め、実際に試合でもそれを感じさせるパフォーマンスで途中交代となった。本人は「だいぶ良くなったと思うし、頭がリフレッシュできたのは良かった」と話す一方、「疲れはまだ少し残っている」とトップフォームではないことも明かしている。試合でどれだけの力が出せるか気になるところだ。

 横浜FM戦はチームとしてベストの出来からは程遠い内容ではあったが、それでも守備面ではまずまずのプレーを見せていたことは評価できる。リーグ戦では今の3バックの並びになってから4試合で1失点と結果も出ている。遠藤航と槙野智章、阿部勇樹を中心とした守備は大崩れしないだろう。

 試合の焦点は、おそらく守りを固めてくるであろう仙台を崩せるかどうか。守備的に戦ってきたヴァンフォーレ甲府、横浜FMのブロックを突破するのに苦労していたが、仙台戦では工夫のある攻撃を仕掛けられるか注目される。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-6-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
遠藤航
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
武藤雄樹
FW
興梠慎三

■ベガルタ仙台 埼スタでは白星なし、けが人続出で攻守に不安

 リーグ戦は3連敗と、厳しい状態にある。今節対戦する浦和も強敵で、仙台は埼玉スタジアム2002でリーグ戦、カップ戦ともに勝ったことがない。チーム一丸となって、序盤で訪れた試練を乗り越えなければいけない。

 2試合連続で3失点を喫している守備も問題だが、より深刻なのは攻撃面だ。今季の公式戦では、未だ複数得点の試合がない上に、攻撃陣に負傷者が増えてきた。梁勇基と金久保順がすでに離脱しているが、ウイルソンや金園英学といったFWの主力も全体練習を欠席した模様だ。

 ここで仙台が活用したいのが、現在2勝1分と好調のナビスコ杯で調子を上げてきた選手たちだ。2トップでは、ナビスコ杯で組んだハモン・ロペスと野沢拓也の組み合わせが相性良く、さらにナビスコ杯第3節のサガン鳥栖戦で得点したキム・ミンテや、この試合で仙台加入後初めて右のサイドハーフで途中出場した三田啓貴を組み合わせることで、攻撃には幅が生まれそうだ。

 前節のガンバ大阪戦では、3失点した後ではあるが、大攻勢を仕掛けてG大阪を押し込んだ。この時はチャンスの山を築きながらPKによる1得点にとどまってしまったために、今度こそ複数得点を取りたい。攻撃の勢いを増すためには、G大阪戦の翌日に行われた練習試合の盛岡戦で得点した西村拓真、佐々木匠、茂木駿佑といった若手を、終盤の勝負どころで投入するのも一つの手かもしれない。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
石川慧
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
三田啓貴
富田晋伍
キム・ミンテ
奥埜博亮
FW
野沢拓也
ハモン・ロペス

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA