FOLLOW US

【予想スタメン】福岡は前線の連係が得点量産のカギ…公式戦5連敗中の名古屋と激突

3トップを組む福岡の金森(左)、ウェリントン(中)、城後(右) [写真]=Getty Images

■アビスパ福岡 前節今季初の無失点を記録、セットプレーが勝敗握る

 ヴィッセル神戸と対戦した前節は、今季初の無失点。スコアレスドローだったが、「粘り強く戦えて勝ち点1が取れたので、最低限のことは達成できた」と、井原正巳監督は前向きに捉えている。勝ち点1を積み上げたことで、最下位も抜け出した。

 守備では手応えを得ている一方、2試合連続で無得点という点は改善が求められる。それまでのリーグ戦4試合も、4得点中3得点がセットプレーからの得点で、セットプレーとカウンター以外の得点パターンが見えてこない。特に前節の神戸戦は、1トップのウェリントンが孤立する場面が多く、ロングボールにウェリントンが競り勝っても、セカンドボールを相手に奪われて、攻撃につなげることができなかった。ウェリントンの高さとパワー、城後寿の裏へのスピード、金森健志のドリブルと、前線3人の持ち味を生かすために、お互いが近いところでプレーすることを意識したい。

 対戦する名古屋は公式戦5連敗中。「結果は連敗だけど、内容では調子を落としていないと思うので、(名古屋が)波に乗る前に、うちも結果を出したい」と井原監督。名古屋はリーグ戦で10失点と福岡(8失点)よりも失点が多く、セットプレーからの失点も目立つ。福岡は縦のスピードを生かして敵陣深くまで侵入することで、セットプレーのチャンスを増やしたい。「セットプレーはリーグトップに近い力があると思う」と話すのは、昨季まで6年間名古屋でプレーしたダニルソン。古巣との対戦に意気込む。(新甫條利子)

■福岡予想スタメン
3-4-3
GK
イ・ボムヨン
DF
キム・ヒョヌン
堤俊輔
田村友
MF
實藤友紀
末吉隼也
ダニルソン
亀川諒史
FW
城後寿
ウェリントン
金森健志

■名古屋グランパス 公式戦5連敗中、出番に飢える若手選手が流れを変えられるか

 リーグ開幕からの4戦ではまずまずの成績を残したが、ナビスコ杯が開幕してからというもの、カップ戦3連敗、リーグでも連敗し、公式戦5連敗と我慢の日々が続いている。特にここ3戦は前半に先制しながらも後半に逆転される悪い流れが連続しており、勝負強さとともに追加点を奪う勢いや集中力も課題となってきた。

 さらにはボランチで奮戦を続けてきた明神智和が前節で負傷し戦線を離脱。一時帰国から戻ったイ・スンヒは、練習に参加しているものの、3週間近くチームを離れた影響からか、早期のスタメン復帰はなさそうな情勢だ。代役の小川佳純含め、ボランチとセンターバックはなかなか層が確保できていないセクションだけに、今節でも違った意味でカギを握るポジションとなりそうだ。

 しかし、連敗の最中でも試合内容自体は良くなってきており、特に先制して折り返すまでの展開はむしろ良いぐらい。前線の野田隆之介のポストプレーとサイドアタックの流れはスムーズで、インテンシティをうまく保つことができれば自ずと勝利は近づいてくる。

 今回は試合前日に楢崎正剛が40歳の誕生日を迎えており、チーム内にも守護神を勝利で祝うムードが充満。連敗という負の連鎖を断ち切るにはこうしたメンタル面での好材料も大きく影響してくるだけに、本人の気合いあふれるプレーも含めて注目したいところだ。

 また、昨今では控え組の選手たちによるチーム内競争の激化も顕著になってきており、矢田旭や和泉竜司らアタッカーたちの意欲的な姿勢が指揮官を喜ばせている。実際の試合では、やや遅きに失する場面が目立つ交代策の部分だが、彼らモチベーションたっぷりの若手たちが勝ち点を運んできてくれる可能性も十分。敵地での連敗ストップへ向け、悲観するような状態では決してない。(今井雄一朗)

■名古屋予想スタメン
4-5-1
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
大武峻
竹内彬
安田理大
MF
小川佳純
田口泰士
古林将太
野田隆之介
永井謙佑
FW
シモビッチ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA