2016.04.08

【予想スタメン】森重不在のFC東京、2年ぶりのゴールを記録した平山ら控え組の奮起が必須

前節の名古屋戦で2年ぶりのゴールを決めたFW平山相太 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■柏レイソル ナビスコ杯で今季初白星、勢いをリーグ戦へとつなげられるか

 水曜日のナビスコ杯で横浜F・マリノスに勝利し、公式戦8試合目にして今季初白星を手にした。大幅にメンバーを入れ替えながらも、これまで出場機会の少なかった選手にとってはアピールに成功したことを意味し、チーム内の競争意欲は高まっている。

 今季初勝利を呼び込んだ最大の要因は、攻守においてアグレッシブな意識を取り戻したことだろう。これまではパスを回すことに捉われ、ボールを大事にするあまり相手ゴールへの迫力に欠けている部分が目立っていたが、リーグ戦第5節サガン鳥栖戦の後半や、先日の横浜FM戦では迫力のある攻撃を見せた。守備面においても高い位置からプレスを仕掛け、球際激しく奪いにいく。リーグ戦で結果を残すためにも、その意識は持ち続けるべきである。

 ナビスコ杯ではその意識から逆転に成功したとはいえ、前半の早い時間に先制を許している。これで公式戦は、リーグとカップの全8試合で先制点を奪われており、アグレッシブな姿勢を貫きつつも守備の修正が求められる。また、山中亮輔が右足内転筋の肉離れで戦列を離れたのは痛いが、大津祐樹が調子を上げてきたことは朗報だ。

 FC東京にはこの2シーズン、勝利を挙げていないが、ナビスコ杯の白星をきっかけに、良い試合をしながらも結果の伴わなかったリーグ戦の流れを変えたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
中村航輔
DF
伊東純也
中谷進之介
中山雄太
輪湖直樹
MF
小林祐介
大谷秀和
茨田陽生
FW
田中順也
ディエゴ・オリヴェイラ
武富孝介

■FC東京 敵地でのACL勝利で自信深まるも、森重の出場停止は大きな痛手

 6日に開催されたACL第4節では、江蘇蘇寧と対戦。敵地で激しい試合を制したことは、チームの大きな自信になっている。

 しかし今節は、守備の要である森重真人が出場停止。森重は直近の2試合で計4得点をマークするなど、攻守に際立つ存在感を発揮し、チームを牽引していただけに、その不在をいかに埋められるかが焦点になる。センターバックには高橋秀人、吉本一謙、あるいは橋本拳人を起用する可能性も考えられる。ともに対人能力は高いが、急造でもあり、組織としての守備に不安が残ることは否めない。

 攻撃面も現状では“セットプレー頼り”になっているが、前線の選手が連動する場面が見られ、チャンスの数は増えつつある。特にハ・デソンの復帰は、チームに攻撃的なリズムをもたらしている。まだ90分間の出場が見込めるコンディションではなく、名古屋戦で2年ぶりのゴールを挙げた平山相太も、短時間の出場に限定されている。90分を通して「チームの最大値を出していく」(城福浩監督)ためには、交代策がカギになるはずだ。

 一方、得点力アップを狙って、新たにブラジル人FWムリキを迎え入れた。かつて広州恒大で活躍し、中国スーパーリーグで得点王にも輝いたムリキだが、城福監督は「1日でも早く彼のトップコンディションに戻すことが先決」と話すにとどまった。メンバー入りはまだ不透明な状態だが、今後に期待したい。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-4-2
GK
秋元陽太
DF
徳永悠平
高橋秀人
丸山祐市
小川諒也
MF
河野広貴
ハ・デソン
米本拓司
東慶悟
FW
阿部拓馬
前田遼一

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る