2016.04.01

【予想スタメン】福岡、川崎を完封した守備を自信に最下位脱出へ

福岡はナビスコ杯の川崎戦で今季初白星を挙げた [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■アビスパ福岡 守備の戦術を改善し、ナビスコ杯で待望の今季初勝利

 ナビスコ杯第2節でリーグ首位の川崎フロンターレを撃破し、今季の公式戦初勝利を手にした。「支配される時間が多くなるのはいつものこと。(無失点で)守り切れたことは大きい」と井原正巳監督。この勝利をリーグ戦につなげ、最下位を脱出したい。

 福岡はこれまで守備において、5枚をディフェンスラインに下げてブロックを作っていたが、ナビスコ杯の川崎戦は両サイドの位置を高めに設定し、より高い位置でボールを奪ってカウンターにつなげることができた。3バックのメンバーは右からキム・ヒョヌン、堤俊輔、田村友と、それまでのリーグ4試合とは異なっていたが、メンバーが変更したにも関わらず、連係面で大きな問題もなく、ラインを高めに置いたコンパクトな守備で、川崎を無失点に抑えることができた。その手応えと自信は、今後のリーグ戦に大きく影響するだろう。今節も高い位置でボールを奪い、サイドの深い位置まで押し込めるかがポイントだ。

 不安材料としては、第4節のジュビロ磐田戦にフル出場したダニルソンが、太もも裏に張りがあるということで別メニューのトレーニングをしていたこと。「ボール奪取能力だけでなく、攻撃時に時間を作ることができる。存在感があって、プレーエリアも広い」と井原監督にも信頼されるボランチがどこまで回復するか。また、リーグ4試合に先発出場しており、U-23代表遠征から戻ったばかりの金森健志、亀川諒史のコンディションも万全ではないだろう。(新甫條利子)

■福岡予想スタメン
3-4-3
GK
イ・ボムヨン
DF
キム・ヒョヌン
濱田水輝
田村友
MF
中村北斗
末吉隼也
鈴木惇
亀川諒史
FW
城後寿
ウェリントン
金森健志

■アルビレックス新潟 白熱するレギュラー争い、酒井宣福は古巣戦で出場なるか

 サンフレッチェ広島から野津田岳人が期限付きで電撃加入し、中盤の競争が一気にヒートアップ。その余波は、前線にも波及しそうだ。ナビスコ杯連戦となった先週の練習では、指宿洋史、ラファエル・シルバが別メニューとなり、コンディションを上げることに注力。その甲斐あって、いずれも今週のトレーニングに復帰した。フォーメーションを含め、どういう布陣になるか注目される。

 ナビスコ杯のサガン鳥栖戦は、1-0で今シーズンのホーム初勝利を初完封で収めた。リーグ戦4試合で11失点していたことを考えれば、明るい材料となる。

 ただ、ピンチがなかったわけではない。前半はクロスからたびたび決定的なシュートを放たれ、GK守田達弥の好セーブにも救われた。ウェリントンをターゲットとしたロングボール、クロスが福岡の重要な攻め手であることを考えれば、さらに守備の連係を高める必要がある。

 守備陣で熱い競争が繰り広げられているのが右サイドバック。ナビスコ杯の連戦で先発した酒井宣福は、昨年まで期限付き移籍していた古巣との一戦に当然、燃えている。リーグ戦で先発を続けてきた小泉慶も、U-23日本代表のポルトガル遠征で刺激を受けてチームに復帰。大卒ルーキーの早川史哉も、ここまではけが人などの関係からセンターバックで奮闘してきたが、本職の右サイドバックで練習を重ねている。チーム内競争の活力を、開幕戦以来となるリーグ戦勝利に結びつけたい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-1-4-1
GK
守田達弥
DF
酒井宣福
増田繁人
大野和成
コルテース
MF
小林裕紀
加藤大
レオ・シルバ
小塚和季
ラファエル・シルバ
FW
指宿洋史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る