2015.10.23

【予想スタメン】2ndステージ優勝を狙う鹿島、主力2選手の穴埋めが勝利のカギに

鹿島は3試合を残して、2ndステージ首位の広島と勝ち点差なしの2位につけている [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

湘南ベルマーレ アンドレ・バイアの欠場濃厚も、新たな攻撃のバリエーションにも期待

 湘南は前節、アウェーでFC東京を下した。リーグ戦では8試合ぶりに先制し、5試合遠ざかっていた勝利を収めるとともに、3度目の昇格にして初のJ1残留を自力で決めた。

 ホーム最終戦となる今節は、BMWスタジアムに鹿島を迎える。1stステージ第2節に行なわれた前回の対戦では、湘南が先制されるものの逆転に成功し、2-1で今季初勝利を挙げた。しかし、内容は多くを主導され、結果とは裏腹に鹿島の強さを思わされたものだった。反面、劣勢を強いられながらも勝ち点3に結んだ戦いに、過去との違いが浮かび上がった試合でもあった。

 チャンピオンシップ進出に向けてステージ優勝を目指す鹿島は、首位広島と勝ち点で並んでおり、勝利が欠かせない。勝ち点3を奪うべく最大値を傾けてくる強者に対し、湘南も力を試される今節である。ホームでの戦績は今季ここまで5勝5分6敗とやや分が悪いが、勝利をもって星を五分に戻したい。

 前節、ゲーム序盤に交代で下がったアンドレ・バイアの今節の出場は難しそうだ。3バックの中央で存在感を放つ背番号4の不在は小さくないが、チーム最年長の坪井慶介や緊急出動にも冷静にプレーした島村毅ら控えるベテラン勢は心強い。坪井が中央に入るか、あるいは前節同様、遠藤を中央に島村が右に立つか。同じく前節、藤田征也古林将太が右サイドに並び立ったように、新たな可能性を感じさせる攻撃のバリエーションにも期待が募る。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
坪井慶介
三竿雄斗
MF
藤田征也
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
古林将太
高山薫
FW
藤田祥史

鹿島アントラーズ 昌子源の状態も不安、守備面で苦戦を強いられる可能性も

 鹿島は3試合を残して、2ndステージ首位の広島と勝ち点差なしの2位につけている。目標であるチャンピオンシップに出場するためには、現実的には2ndステージ優勝しか手段がないため、モチベーションは極めて高い。加えて、ナビスコ杯も決勝に進出している。昨年の3冠王者であるG大阪との大一番を1週間後の31日に控えており、3年ぶりとなるタイトル獲得へ向けて、良い流れをつくる意味でも負けてなどいられない。

 相性は良い。過去のリーグ戦での対戦成績は、5勝1分1敗で圧倒的に勝ち越している。ホームで行った1stステージの試合は1-2で敗れてはいるが、その時はトニーニョ・セレーゾ前監督が指揮を執っていた。石井正忠監督が就任して以来、成績もV字回復しておりチームは別物。参考にはならない。

 ただ、元日本代表の西大伍ファン・ソッコが累積警告のため出場停止。主力2人を欠くことになるのは、大きなマイナス材料だ。代わりに、右SBにはU-22日本代表候補の伊東幸敏、CBには元日本代表の青木剛が入る可能性が高いが、穴を埋めきることができるかがキーポイントとなる。青木は右足痛から今週、復帰したばかりでもあり、ベストパフォーマンスを望めるのかも気になるところだ。22日の練習では昌子源も右ひじを負傷。出場に影響が出るのかは流動的だが、欠場となれば守備面で苦戦を強いられる可能性もある。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-4-2
GK
曽ヶ端準
DF
伊東幸敏
昌子源
青木剛
山本脩斗
MF
遠藤康
柴崎岳
小笠原満男
中村充孝
FW
赤崎秀平
金崎夢生

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る