2015.10.23

【予想スタメン】J1残留を争う神戸と山形が直接対決…生き残りを懸けた戦いの行方は

15位の神戸(上)と17位の山形(下)の直接対決が行われる [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ヴィッセル神戸 リーグ戦5連敗と不調、負傷者も多く台所事情は厳しい

 前節の横浜FM戦では、渡邉千真の公式戦3試合連続ゴールで、第11節の新潟戦以来となる先制点を取りながら、前半のうちに退場者が出て数的不利になった影響もあって、相手の猛攻を凌ぎきれず、終盤の2失点で敗北。これでリーグ戦5連敗となり、とうとうJ1残留圏ギリギリとなる15位にまで転落してしまった。しかも、負傷離脱者が続出している現状は変わらず、さらに前節の退場処分で前田凌佑も出場停止。厳しい台所事情で、山形とのJ1残留争いの直接対決を迎えることになった。

 それでも、今季は山形に2戦2勝。ホームで行われたナビスコ杯において山形に3-1で勝った時には、ネルシーニョ体制初白星となっただけに、その験の良い相手から今回も白星を奪い、残留を自らの手でたぐり寄せたい。

 前節の前半、数的同数の時には互角以上の戦いも見せることはできていた。その前のナビスコ杯準決勝でも、内容では手応えをつかみつつあるだけに、今こそ、チームのメンタルの強さが問われる。そして、粘り強く、泥臭く戦い、死にものぐるいでくる相手を振り切り、自力でJ1残留をたぐり寄せたいものだ。キーマンは、やはり渡邉。前線からチームを牽引する19番のゴールで先手を取り、勝利へ導きたい。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
徳重健太
DF
高橋峻希
岩波拓也
高橋祥平
安田理大
MF
増山朝陽
田中英雄
チョン・ウヨン
石津大介
FW
森岡亮太
渡邉千真

■モンテディオ山形 神戸には今季2敗も、戦術的な相性は悪くない

 前節、甲府に敗れたことで、3試合を残して15位神戸との勝ち点差は「8」。残留のためには今後、山形が3連勝し、神戸が3連敗するのが必須条件。さらに勝ち点3差の16位松本の動向でも事態は変わり、他力にも頼らなければならない状況だ。いずれにしても、山形は一つの負けも引き分けも許されない状況となっている。今節にも決まるかという試合を迎え、相応のプレッシャーはかかるはずだ。

 ただし、今節は15位神戸との直接対決。他の試合結果に関係なく、勝てば今節の降格決定は回避される。目の前の試合に集中しやすい状況ではある。また、21日には石﨑信弘監督が来季も指揮を執ることが発表された。クラブとしては腰を据えて、J1残留へのラスト3試合のチャレンジに専念できそうだ。

 リーグ戦では5連敗と不調の神戸だが、その神戸との今季対戦はリーグ戦、ナビスコ杯ともに敗れて2敗。リーグ戦で対戦した1stステージ第13節は、終盤まで優位に試合を進めながら78分にCKから失点。戦術的な相性はさほど悪くないが、ゴール前の決定力の違いが結果に反映された。

 山形は前回のアウェーで湘南を下しているとはいえ、今季のアウェー勝利は未だその1勝のみ。ノエスタのピッチがやや荒れているとの情報もあり、フィジカルをベースにプレーするスタイルの優位さ発揮も生かしたい。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-4-2-1
GK
山岸範宏
DF
宇佐美宏和
渡辺広大
石川竜也
MF
キム・ボムヨン
アルセウ
小椋祥平
高木利弥
ロメロ・フランク
川西翔太
FW
ディエゴ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る