FOLLOW US

川崎は大久保の同点弾実らず…広島が終了間際の劇的弾で接戦制す

川崎戦での勝利を喜ぶ広島メンバー [写真]=春木睦子

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節が17日に行われ、サンフレッチェ広島川崎フロンターレが対戦した。

 年間順位2位の広島が、同5位の川崎をホームに迎えての一戦。J1歴代通算得点ランキングで2位のFW佐藤寿人(156ゴール)と3位のFW大久保嘉人(154ゴール)によるストライカー対決となった。両エースのJ1通算最多得点記録(157ゴール)更新にも注目が集まる。

 前半は川崎がチャンスを作る。21分、大久保のアーリークロスに反応した小林悠が、ゴール前に飛び出してヘディングで合わせる。だが、GK林卓人が好セーブで失点を防いだ。35分には、大島僚太からのスルーパスで大久保がエリア内左に抜け出し、左足を振り抜くが、これも林の好セーブに阻まれる。こぼれ球に詰めた小林がダイレクトでシュートを放つも、カバーに入った青山敏弘にブロックされた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半の立ち上がりに広島の先制で試合が動く。50分、左サイドでのFKの流れから、こぼれ球に反応した柴崎晃誠が、エリア手前右からダイレクトで右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右隅に突き刺さった。59分、追加点を狙う広島は佐藤を下げて、浅野拓磨を投入。佐藤は5試合ノーゴールとなった。

 同点を狙う川崎は攻勢に出るが、広島の堅守をなかなか崩せない。一方の広島は浅野のスピードを活かしカウンターで追加点を狙う。すると83分、川崎が同点に追いつく。エリア前右の大久保が右足を振り抜くと、カーブのかかったシュートは林の逆を突いてゴールネットを揺らした。

 しかし後半アディショナルタイムの93分、2分前に途中出場した山岸智が、エリア内右で相手のクリアボールをダイレクトで流し込み、広島が勝ち越しに成功した。試合はこのままタイムアップ。広島が2-1で勝利を収めた。今節、浦和レッズガンバ大阪に敗れため、年間順位でも再び首位に浮上。一方の川崎は連勝が4でストップした。

 広島は次節、24日にアウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦。川崎は同日に横浜F・マリノスをホームに迎える。

【スコア】
サンフレッチェ広島 2-1 川崎フロンターレ

【得点者】
1-0 50分 柴崎晃誠(広島)
1-1 83分 大久保嘉人(川崎)
2-1 90+3分 山岸智(広島)

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA