2015.10.02

【予想スタメン】リーグ戦18試合勝利から遠ざかる山形、J1残留を懸けて背水の陣で湘南戦へ

18試合勝ちなしで、年間順位17位の山形 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

湘南ベルマーレ 引き分け以上でJ1残留決定、先制点奪取が勝利へのカギ



 歴史を動かしたと言っていいだろう。前節の横浜FM戦、湘南は先制を許すも、キャプテンの永木亮太の鮮やかなフリーキックで同点に追いついた。その後、追加点は奪えず引き分けに終わったが、このカードにおいては1997年5月の勝利以来となる勝ち点を手にした。

 反面、課題もある。相手に先制点を譲ったのは連続6試合を数え、ここ4試合は勝利からも遠ざかっている。好調の横浜FMに追いついた点は、チームとして粘り強さが増していることの証左だが、勝ち点3の可能性を高めるためには先手を奪いたい。

 それは今節の山形戦にも通じよう。1stステージの対戦では2-1で勝利を収め、昨季も2戦2勝と、対戦成績では湘南がリードしているものの、結果とは裏腹に拮抗した内容の印象も残る。ミラーゲームという要素を踏まえても、各局面で先手を取ってゲームを主導したい。

 今節は永木が出場停止となるため、ボランチに誰が入るかが注目点の一つとなる。これまでも多くの試合でスタメンを張ってきた石川俊輝をはじめ、可児壮隆武田英二郎もプレーの感触はいい。激しいポジション争いが指揮官の頭を悩ませそうだ。日本代表招集が見送られた遠藤航を含め、どのようなメンバーが名を連ねるか。

 湘南は今節引き分け以上でJ1残留が確定する。高みを見据える彼らにあっては通過点に違いないが、1年での降格を余儀なくされた過去2度のJ1挑戦を思えば、また一つ歴史に刻まれる得難いステップとなろう。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
坪井慶介
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
古林将太
菊地俊介
武田英二郎
菊池大介
高山薫
キリノ
FW
藤田祥史

モンテディオ山形 3試合連続で勝ち点を獲得、得点への手応えも

 前節で清水をかわして17位に浮上したとはいえ、15位新潟との勝ち点差は未だ「8」と大きく開いている。残留を実現するためには、残り5試合で全勝が必須条件になると見られるが、それが不可能ではないという手応えは、前節までの3連戦でつかめた部分がある。柏とはスコアレスドロー、松本には先制を許しながらも一度は逆転に成功、そして前節の仙台戦は先制した。いずれも勝利には届かなかったが、3試合連続で勝ち点を獲得し、得点への手応えも少しずつつかんでいる。ここで18試合遠ざかっている勝利という結果が得られれば、勢いに乗ることができるだろう。

 ただし、今節対戦するのは昨季のJ2時代から3試合連続で敗れている湘南だ。今季1st第4節でも25分までに2点をリードされる展開となった。チームの完成度では差をつけられているため、競ったように見える試合でもイージーなミスが発生しやすく、失点につながるケースが多い。攻撃には多くの人数をかけてくるだけに、特にボールを保持した状態で横パスをさらわれるようなカウンターは避けなければならない。

 今節は西河翔吾が出場停止となるが、練習で好調の當間建文が3バックの一角に入りそうだ。また、湘南側では永木亮太が出場停止。セットプレーのキッカーとしても怖い存在なだけに、なんとしても失点を「0」に抑えたい。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-4-2-1
GK
山岸範宏
DF
當間建文
渡辺広大
石川竜也
MF
宇佐美宏和
アルセウ
小椋祥平
高木利弥
ロメロ・フランク
川西翔太
FW
ディエゴ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る