2015.07.24

【予想スタメン】2ndステージ最下位に沈む仙台、柏攻略のカギは勝負どころでの守備にあり

2ndステージで最下位に沈む [写真]=Getty Images

ベガルタ仙台 勝負どころでの踏ん張りが課題

 仙台は2ndステージで3試合を終えて1分2敗。まだ勝利がなく、ステージ順位は最下位に沈んでいる。出入りの激しい試合あり、スコアレスドローありと内容も安定していないが、ゲームプラン自体に問題があるというより、勝負どころでの踏ん張りが利いていない印象だ。

 特に守備面では前節神戸戦のように短時間で連続失点を喫したり、J1・2nd第1節の広島戦のように、ミスが失点に結びついたりという場面が多い。攻守のバランスを改善する上で、仙台には「いい守備からいい攻撃へ」という基本的な流れがある。守備の安定から攻撃の厚みにつなげるという得意な試合運びに持ちこみたい。

 また、右SBの菅井直樹が前節を負傷で欠場。前節までの連戦でのダメージの蓄積もあり、今節での復帰は厳しいか。このポジションに入ると思われる蜂須賀孝治の健闘に期待したい。

 一方、石川直樹が長期離脱から戦線復帰することは好材料。CBと左SBをこなすこのDFは、前節にベンチ入り。コンディションによっては、今節の先発もありうる。負傷していない選手にしても、連戦が一段落して一週間の準備期間を得られる。コンディションを整えて柏の攻撃に立ち向かいたい。石川直樹のほかにも渡部博文鎌田次郎らは元柏の選手。彼らの支える守備からいいリズムを作り、仙台は勝利したい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
蜂須賀孝治
鎌田次郎
渡部博文
石川直樹
MF
梁勇基
キム・ミンテ
富田晋伍
野沢拓也
FW
金園英学
奥埜博亮

柏レイソル エデルソンがついにベールを脱ぐか

 工藤壮人のクラブJ1ゴール記録更新のメモリアル弾で、今季初の連勝を飾った柏。しかも2試合連続無失点と、守備面にも粘り強さが出てきており、非常に良い状態にある。ただ、ここ2試合の相手は横浜FM、川崎と攻撃的なチームが相手だった。柏は、ストロングポイントを前面に押し出して前から出てくる相手との相性は良いが、逆に自陣にブロックを敷き、堅い守備から鋭いカウンターを見舞うチームを苦手としている。ちょうど今節の対戦相手、仙台のようなチームだ。

 今節の大きなポイントは、柏が「どうやって仙台の守備を攻略するか」にある。直近の2試合は完封勝利で連勝中とはいえ、若干守備に比重を置く展開となり、攻撃面には迫力を欠いたことは否めない。それでも、少しずつ問題点はクリアされ、J1・2nd第2節の横浜FM戦より第3節の川崎戦の方がスペースを突き、能動的な攻撃を仕掛けるようにはなっている。流れの中からの得点が少ないのは気になるが、川崎戦のように中央の守備をショートパスで切り崩したテンポの良いパス回しができれば、仙台の堅守攻略も不可能ではない。

 そして、気になるのはエデルソンである。今週は異例の“4日連続非公開練習”を敷き、完全に情報を遮断した。裏を返せば、これはエデルソンが出場する可能性が高いことを意味するものではないだろうか。登録の問題がクリアになれば、仙台の地でエデルソンがついにそのベールを脱ぐ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
桐畑和繁
DF
キム・チャンス
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
栗澤僚一
茨田陽生
大谷秀和
FW
クリスティアーノ
工藤壮人
武富孝介

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る