FOLLOW US

G大阪から6名が代表入り…初選出のDF米倉「しっかりアピールする」

6月23日、柏戦でプレーする米倉 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は23日、中国で開催されるEAFF東アジアカップ2015に臨む日本代表メンバー23名を発表した。ガンバ大阪からはGK東口順昭、DF藤春廣輝丹羽大輝米倉恒貴、MF倉田秋、FW宇佐美貴史の6名が選出された。

 クラブ公式サイトはメンバーに選ばれた6選手のコメントを伝えている。

 GK東口は「選出されたこと、大変嬉しく思います。選出されるだけでなく、しっかりと試合に出場して自分の持ち味を出せるよう練習から取り組んでいきます」と、正守護神争いに意欲を見せ、DF藤春も「大変嬉しく思います。少しでも試合に出られるように練習からアピールしたいと思います。ここから定着できるようにしっかりと頑張ります」と、代表定着に意気込んだ。

 また、DF丹羽は「日本の為に素直に、真摯に自分らしくプレーしたいと思います。全員で力を合わせて東アジアチャンピオンになって日本に帰ってきます!」と優勝を誓っている。

 初選出となったDF米倉は「驚きと同時に、ガンバ大阪という、素晴らしいプレーヤーがいるチームでプレーしてきたことが初選出に結びついたと感謝しています。未知の場所ですが、しっかりと自分自身をアピールしてきます」とコメント。MF倉田も「目標にしていた場所なので、選出されて光栄に思うと同時に、支え、応援してくださる方々に感謝します。しっかりとアピールして定着できるよう、必死に頑張ってきたいです」と、代表選出を喜んだ。

 エースとしての活躍が期待されるFW宇佐美は「大変光栄に思います。出場はもちろん、しっかりと結果を出したいです。チームメイトも多数選出されているので、ガンバの誇りを持って戦ってきます」と結果にこだわる姿勢を示している。

 日本代表は、8月2日に北朝鮮と、同5日に韓国と、同9日に中国と対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA