2014.11.21

【J1第32節予想スタメン 神戸vs横浜FM】攻撃サッカーの真価が問われる一戦に…神戸は横浜FMの堅守を破れるか

第31節終了時点で神戸は勝ち点45で9位に位置 [写真=Getty Images]

ヴィッセル神戸 安達体制で培った攻撃サッカーの真価が問われる一戦に

 鳥栖戦で悔しい逆転負けを喫したことで、ACL出場圏入りも厳しくなってしまった。3日には安達亮監督の今季限りでの退任も発表された。ただし、クラブの最高順位である9位越えを果たすためにも、残り3試合、勝って少しでも順位を上げたいところだ。

 そのためにも、今節で10位につける横浜FMに負けるわけにはいかない。しかも、ここからはホーム2試合を含め、予定されているのは関西圏での試合のみ。移動にストレスを感じることもないだけに、そのアドバンテージも活かしたいものだ。別メニュー調整が続くシンプリシオを除き、マルキーニョスをはじめ主戦力が軒並み揃っているのは心強いところ。日本代表に追加招集された森岡亮太も、18日に行われた代表戦の翌日から練習に合流し、元気な姿を見せていた。さらには鳥栖戦で約1カ月半ぶりにベンチ入りした田代有三も、15日のC大阪との関西ステップアップリーグにて久々のフル出場を果たすなど、日を追うごとにコンディションを上げてきている。

 横浜FMとの今季初対戦では、チームが公式戦連敗中で、しかも夏場の連戦だったこともあって精彩を欠いた。しかし、今回のホームゲームでは万全の状態で試合に臨めるはず。安達体制で取り組んできた攻撃サッカーが、中澤佑二栗原勇蔵を中心に形成される横浜FMのディフェンス陣に通用するか。その成果が問われる一戦になるだろう。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
徳重健太
DF
奥井諒
河本裕之
増川隆洋
相馬崇人
MF
橋本英郎
チョン・ウヨン
ペドロ・ジュニオール
森岡亮太
小川慶治朗
FW
マルキーニョス

横浜F・マリノス 堅守から流れを引き寄せられるか

 15日に樋口靖洋監督の退任が発表され、ピッチ外での話題が騒がしくなってきた横浜FM。3年間の区切りを迎える指揮官は「今まで積み上げてきたものを出すことが、クラブにとっての未来につながる」と選手に訴えたという。ラスト3試合、タイトルや残留争いもかかっていない難しい状況だが、「残り3週間しっかりやりきりたい」(樋口監督)との思いをピッチで表現したい。

 勝ち点差「1」で追う9位の神戸とは2012年4月28日以来、リーグ戦3試合で2勝1分と相性は悪くない。負傷者の続出で固定できなかったボランチは前節に続き、兵藤慎剛ファビオの起用が確実だ。この中断期で連係はさらに深まり、守備力は増した。当然、リーグ最少失点を誇る堅守から流れを引き寄せたい。GK榎本哲也は「失点数はリーグ1位を狙える。プロとして、最後まで戦い抜く」と語る。もちろん、昨季まで在籍し、いまや得点王を視野に捉えるマルキーニョスにゴールを許すつもりはない。

 前節で左ひざを痛めた中村俊輔の負傷箇所は癒えたが、今度は左足首痛を訴えており、ベンチスタートが濃厚となっている。リーグ13位の総得点33と決定力不足のなかで、それぞれが補完することができるか。指揮官の退任発表後に迎える初めての一戦。全員がハードワークする“攻守にイニシアチブを握るサッカー”を披露できなければ、3試合ぶりの勝利はない。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
ファビオ
兵藤慎剛
佐藤優平
藤本淳吾
齋藤学
FW
伊藤翔

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る