2014.07.25

【J1第17節予想スタメン 大宮vs徳島】降格圏に沈む大宮と徳島が激突、残留争いを占う重要な一戦に

ムルジャ
大宮の新戦力ムルジャ、チームを残留に導けるか [写真]=Getty Images

■大宮アルディージャ 降格圏脱出のカギは先制点



 ミッドウィーク開催、アウェーの鹿島戦では二度のリードを許すも、何とか追いついて勝ち点1をもぎ取った。リーグ再開後、上位勢を相手に負けていない点はポジティブに捉えてもいいところだが、降格圏内にいるチーム状況では常に勝ち点3を取りにいかなくてはならない。

 広島戦でデビューした新外国人FWムルジャは、すぐにチームに良い風を吹かせた。広島戦、鹿島戦と2試合だけだが、どちらの試合でもチームは複数得点を記録するなど得点力不足は解消されつつある。鹿島戦では家長昭博ズラタンが得点。「ムルジャ1人に気をつければいい」という状況でなくなったことはプラス材料だろう。ただ、不安なのは守備陣。再開後の2試合ではともに先制点を許している。本来は強固な守備が持ち味の大宮だが、先制されると厳しくなる。勝利のために必要な最低2得点はそう簡単に手に入らない。勝ち点を積み上げて降格圏を脱出していくには、先制点は絶対に許してはいけない。逆に大宮がそれを奪う必要がある。

 もう一つの不安要素としては、未だに戦い方が定まっていないように見受けられる点だ。広島戦では3点ビハインドの後半頭からムルジャを投入し結果的には3-3の引き分けまで持ち込むことができたが、システムを4-4-2から3-6-1に変更した。長い準備期間に積み上げてきた物は一体何だったのか、甚だ疑問だ。しかも、今は藁にもすがりたい状況。その場しのぎよりも、チームの持っている全ての力を発揮し、どんな相手であれ勝ち点「3」を目指すべきだろう。大宮はそれができるチームだ。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
3-4-2-1
GK
江角浩司
DF
今井智基
菊地光将
高橋祥平
MF
渡邉大剛
和田拓也
橋本晃司
渡部大輔
ムルジャ
家長昭博
FW
ズラタン

■徳島ヴォルティス 攻守に好影響をもたらした村松の加入、大宮戦は今季を占う重要な一戦に

 リーグ戦再開直後の第15節名古屋戦では、先制されながらも同点に追いつくという粘り強い戦いを見せた。今季、先制点を許すと引き分けまで持ち込むことができなかっただけに、手応えは大きい。更に、守備に定評のある村松大輔が加わったことで、ディフェンス面が安定しただけでなく、攻撃面にも好影響をもたらした。同サイドの大崎淳矢が攻撃参加する機会が増えたことに加え、交代選手が途中出場すると大崎、アレックスがシャドーのポジションに入るプランも追加され、攻撃の厚みが増した。また、今週は守備的MFエステバンの加入も発表され、出場となればコンビネーションの課題は残るが、より強固なチームへと進化を遂げることは間違いない。

 しかし、残念ながら前節の浦和戦では首位相手とはいえ、敗戦を喫している。特に先制点は苦手とするセットプレーからのもので、リスタートの対応については早急の改善が必要とされる。とはいえ、名古屋戦に続き、左サイドのアレックス衛藤裕を中心とした攻撃は力強さを見せており、得点には結びつかなかったものの、大宮戦に向けて期待を持たせる内容を見せた。

 ナビスコカップ第6節で大宮と対戦した際には、先制しながらも勝ちきれなかった。リーグ戦では順位が近い相手なだけに、少しでも勝ち点差を縮めておきたいところ。今節はアウェー戦といえども、勝ち点3を取りにいく戦いになるだろう。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
長谷川徹
DF
村松大輔
福元洋平
藤原広太朗
MF
大崎淳矢
斉藤大介
濱田武
アレックス
宮崎光平
衛藤裕
FW
高崎寛之

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る