2014.07.18

【J1第15節予想スタメン 清水vs川崎】前節逆転勝利で3位浮上の川崎、勝利のカギは「選手同士の距離感」

第12節でC大阪に逆転勝利し、3位に浮上した川崎 [写真]=白井誠二

清水エスパルス 鬼門突破でリーグ戦6試合ぶりの勝ち星なるか



 天皇杯2回戦は、J1勢が敗れる波乱も見られた。清水も、びわこ成蹊スポーツ大を相手に前半を0-0で終え、プロの力を示せずにいた。後半にようやく先制ゴールが生まれ、80分を過ぎてからは引き離すことに成功。だが、それまでは相手に決定的なシーンを作られるなど危ない場面も見られ、内容的には褒められたものではなかった。ただ中断明け初戦で、とりあえずの結果を出したことはリーグ戦再開に向け好材料となり得るだろう。

 川崎戦は清水にとって、鬼門の一つ。リーグ戦では現在まで6戦勝ちなしで、昨季は2敗している。チームとして相性は悪いが、個人としてこの一戦に気合いを入れるのが吉田豊だ。川崎戦に出場するとJ通算150試合のメモリアルとなる。また、川崎は吉田にとってプロ初ゴールを決めた相手でもあり、「自信を持って、前向きにチャレンジしていきたい」と意欲を見せる。加えて、相澤貴志は古巣との対戦となり、「元気な姿を見せること。そして試合が終わった時に色々な思いを爆発させたい」と、こちらも特別な思いを持って試合に臨むことになる。

 天皇杯からメンバーは大きく変わらないと思われるが、CFに大前元紀が入る可能性がある。同選手の起用により、攻撃面はもちろんのこと、前線での守備面も改善すると見られる。現在リーグ5戦勝ちなしと、思うように勝ち点を積み上げられずにいるが、ここから反撃の狼煙を上げたい。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-3-3
GK
相澤貴志
DF
ヤコヴィッチ
平岡康裕
杉山浩太
吉田豊
MF
本田拓也
ノヴァコヴィッチ
六平光成
FW
石毛秀樹
大前元紀
高木俊幸

川崎フロンターレ C大阪戦逆転勝利も課題を露呈

 ACL日程の関係で未消化だったC大阪戦は逆転勝ち。再開初戦を白星で飾り、順位も3位に上げた。もっとも、試合内容に満足している選手は皆無。後半の巻き返しは見事だったが、前半の内容は散々足るものだったからである。「前半は(ボールが)爆弾になっていた」とは風間八宏監督の言葉。チームのポイントが「自分たちがボールを持てるかどうか」にある以上、ボールを持ち続けることで試合の主導権も握る姿勢を、後半だけではなく90分間貫かなくてはならない。

 そのためのカギとなるのが、「選手同士の距離感」だ。個々がサポートしやすい距離感が分断されると、チームの生命線となるパスワークも機能しなくなる。これをいかに試合を通して機能させるか。これが今節のテーマと言っていい。選手間でもこの意識は共有されており、「トップとDFの距離感をコンパクトにすること。そしてCB二人との距離感を自分は意識したい。最終ラインの背後をケアできるように」との声が最後尾で構えるGK杉山力裕から聞かれたのは頼もしい限り。前節はジェシ谷口彰悟の連係において、攻守両面で課題が残っただけに、その改善も含めて最終ラインの奮起には期待がかかる。

 中断期間中の練習試合で負傷したレナト西部洋平山本真希といった主力の復帰はもう少し掛かる見込み。中三日でのアウェイ連戦となるが、ここ2年、清水とは公式戦5試合で3勝2分と相性が良い。上位戦線に踏みとどまる為にも、ここが正念場だ。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-4-2
GK
杉山力裕
DF
田中裕介
ジェシ
谷口彰悟
小宮山尊信
MF
森谷賢太郎
大島僚太
中村憲剛
登里享平
FW
小林悠
大久保嘉人

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
17pt
FC東京
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る