2014.07.18

【J1第15節予想スタメン C大阪vs横浜FM】C大阪、柿谷の穴を埋められるか?! フォルランはベンチ入りの可能性も

ベンチ入りが期待されるフォルラン [写真]=Getty Images

■セレッソ大阪 「成長曲線上」である新体制、柿谷の穴をチーム全員で埋める

 6月上旬に、成績不振のために突然の監督交代を実施。ゴイコ・カチャルの退団やミッチ・ニコルスのAリーグ・パースへの期限付き移籍に続き、7月上旬には柿谷曜一朗のスイス・バーゼルへの移籍が決定。激動の中断期間を過ごした。

 心機一転、マルコ・ペッツァイオリ新監督とともに、低迷脱却のために再始動。かつてドイツの年代別代表などを指導していた新指揮官の下、現在C大阪が追求しているのは、前線からの猛烈プレスをベースとした、ドイツ代表のようなサッカー。天皇杯2回戦では三重県社会人リーグ所属のヴィアティン桑名に延長戦の末になんとか勝利したが、中2日で迎えた川崎戦では1-2と逆転負けするなど、まだまだ結果、内容に直結できるところまでには至っていない。

 しかし、「我々はまだ成長曲線上にいる」とペッツァイオリ監督も言うように、試合ごとに成長を見せているのは確か。C大阪らしい、攻守にアグレッシブなサッカーは蘇りつつある。だからこそ、今回の横浜FM戦では、暑さの中でのタイトな連戦といえども、リーグ戦3連敗中というトンネルから抜け出すべく、勝利という結果が欲しい。

 エース柿谷移籍後初戦で、川崎戦で退場した南野拓実が出場停止なのは痛いが、フォルランがベンチ入りできそうな点は、明るい材料の一つ。また、柿谷の穴は、チーム全員で埋めたいところ。リーグ戦4試合負けなし、ホームで2連勝中と、相性の良い横浜FMに勝って、再出発を果たしたいものだ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-3-3
GK
21 キム・ジンヒョン
DF
17 酒本憲幸
23 山下達也
3 染谷悠太
14 丸橋祐介
MF
5 長谷川アーリアジャスール
2 扇原貴宏
6 山口蛍
FW
16 安藤淳
20 杉本健勇
11 楠神順平

■横浜F・マリノス 天皇杯では劇的勝利、齋藤学はW杯の経験をチームに還元できるか

 一足早く再開したリーグ戦を今季初の逆転勝ちで飾った横浜FM。樋口靖洋監督が「今シーズンの分岐点」と位置づけた7月の戦い、後半戦に弾みを付けた。

 15日の広島戦、後半ロスタイムから2点を奪った。劇的な勝利の立役者は齋藤学。トラップからの鮮やかな左足ボレーで同点とした。自身初のワールドカップでは攻撃的なポジションの選手として唯一、出場機会が与えられず。ほろ苦い記憶を振り払うように、第2節の清水戦以来となる得点を決めた。本人も「(W杯を)見てきて、終わりでは行った意味がない。経験を還元しないと」と4年後に向けて駆け出した。2戦連発はもちろん、ドリブラーは更にその先を見据えている。

 前半戦の反省を踏まえ、この中断期間はフィジカルトレーニングを徹底。広島戦では守備的な戦術の影響もあって、終盤でも足が止まらなかった。今節のC大阪戦でも走り負けることはなさそうだ。

 その一方で、不安な要素もある。広島戦では終盤まで全く攻め手がなかった。前半は得意なコーナーキックも0本。堅守を誇る広島が相手とはいえ、縦パスを入れる回数は少なく、連動性も欠いた。C大阪戦は過去2年、4試合で3得点と苦戦は必至。さらに敵地では2連敗と相性も悪い。首位浦和との勝ち点差は9。2011年8月以来となるC大阪戦の勝利で、反攻の狼煙を上げられるか。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4‐2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
6 小椋祥平
25 藤本淳吾
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
16 伊藤翔

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る