2014.07.18

【J1第15節予想スタメン 浦和vs新潟】首位浦和、新潟のプレスを攻略し後半戦好スタートを切れるか

現在リーグ首位に立つ浦和レッズ[写真]=Getty Images

浦和レッズ ホーム過去負けなしの新潟戦、相手のプレスをかわし主導権を握れるか



 約2カ月の休息を挟んだJリーグがいよいよ再開を迎え、浦和は中断明け一発目の試合で新潟と対戦する。

 浦和は新潟に対して2006年7月から実に15試合連続負けなし。さらにホームでは過去に一度も黒星を喫したことがないという抜群の相性を誇るが、選手たちにそういった実感はない。それも当然だろう。昨シーズンを見ても、結果こそ2連勝という最高の数字を残せたが、内容的にはどちらに転んでもおかしくない、いや客観的に見れば相手の方が上回っていたという事実がある。今シーズンもナビスコ杯ですでに対戦しているが、やはり新潟の好パフォーマンスの前に苦しんだ。槙野智章も「結果がついてきても内容が良くないのが新潟戦」と振り返る。

 新潟のプレースタイルは非常にインテンシティが高い。前線からのプレッシングは厳しく、コンパクトな布陣を敷いて守備の強度も高い。浦和としては精度の高いパス回しでいかに新潟のプレスをかわし、相手を走らせて疲れさせながら主導権を握れるかが勝負のポイントになる。新潟のプレスで追い込まれるような展開になると苦戦は免れない。中途半端なボールロストで危険なカウンターを受けないよう、とりわけビルドアップの第一段階を担う守備陣にはリスクマネジメントの意識が求められる。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3‐4-2-1
GK
21 西川周作
DF
46 森脇良太
4 那須大亮
5 槙野智章
MF
7 梅崎司
16 青木拓矢
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
8 柏木陽介
20 李忠成
FW
30 興梠慎三

アルビレックス新潟 攻守の精度を高めた中断期間、新戦力にも注目

 岡本英也鈴木武蔵の新2トップが好調だ。プレシーズンマッチの仙台戦で1得点ずつ、天皇杯2回戦のサウルコス福井戦では岡本が2得点、鈴木がハットトリックを記録。得点感覚を研ぎ澄ませて埼玉スタジアムに乗り込む。
密集でも巧みにボールを集配する岡本と、俊足を生かし背後を突く鈴木。タイプの異なるFW2人が連動する相乗効果が、早くも形になってきた。 

 中断期間の練習はフィジカルの再強化と、近い位置でサポートする距離感のブラッシュアップに多くの時間が費やされた。コンパクトな陣形の中心でレオ・シルバ小林裕紀のドイスボランチが冷静に配球することで、多彩な崩しが生まれつつある。
仙台戦の後、速攻を受けた際の位置取りを確認したのが、中断期間中の唯一の守備練習といっていい。攻守の精度の高まりが、ここに感じられる。
 
 一方で、新戦力の適応具合は未知数。ホッフェンハイムに移籍したキム・ジンスに代わり、左SBは大野和成と蔚山から新加入のイ・ミョンジェが競う。戦術理解度などで現時点では大野がファーストチョイスだ。しかし大野も本職はCBで、タイミングの良い攻撃参加や守備時の位置取りに不安を残す。磐田を率いていた時から柳下正明監督がその能力を熟知するMF山本康裕も、今季はほとんど出場がなく、コンディションは万全とは言えない。
アウェイで浦和に未勝利という“鬼門”を、今季こそ突破する十分な準備が完了。上位に勇躍する勝ち点3をつかめるか。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
2 大野和成
MF
23 山本康裕
8 レオ・シルバ
6 小林裕紀
18 成岡翔
FW
16 岡本英也
28 鈴木武蔵

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
甲府
19pt
水戸
19pt
山形
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る