2014.05.16

【J1第14節予想スタメン 川崎vs横浜FM】大久保はW杯前にゴールなるか、横浜FMは昨季屈辱の“神奈川ダービー”に臨む

大久保嘉人
W杯メンバーに選出された川崎の大久保嘉人 [写真]=Getty Images

川崎フロンターレ 勝利のポイントは「90分のマネジメント」



 14日に韓国でACL・FCソウル戦を終えたばかりだが、もはやチームにとって中三日の試合間隔は十分なインターバルになっているようだ。選手たちはそれほどのタフさも身につけつつある。そんな、4月から続いていた“過酷過ぎる連戦”もこの試合でラストとなるが、相手は二日間のオフを挟み、1週間の万全の準備をしてきた横浜FM。コンディションに差があるのは否めないところだ。
 
 それを踏まえて勝つ為のポイントは、90分のマネジメントだ。その具体的なサンプルとなるのが、4-1で勝利した前節の鹿島戦である。自分たちが先手を奪うことで、相手の攻撃に耐える時間を我慢しながらカウンターに徹する戦いを見せた。試合後、「相手の攻撃をしのぐところの共通意識がしっかりできていたと思う」と話していたのは森谷賢太郎。肉体的、精神的にも疲労がピークとなるこの試合でしたたかなゲーム運びができるかどうか。前半戦のチームの集大成となる一戦と言える。

 そして注目は、やはり日本代表へのサプライズ選出で、「時の人」となったストライカー・大久保嘉人だろう。ミッドウィークのACL・ソウル戦では、自陣で人垣を築いて守り続ける相手を攻略できずに無得点で沈黙。これが代表合流前の最後の試合となるだけに、ここで代表復帰に向けた景気付けの一発に期待がかかる。人気マスコットキャラクター・ピーカブーのラストマッチでもあるこの一戦は、勝利で締めくくらなくてはいけない。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-4-2
GK
21 西部洋平
DF
3 田中裕介
5 ジェシ
7 中澤聡太
15 谷口彰悟
MF
19 森谷賢太郎
16 大島僚太
14 中村憲剛
10 レナト
FW
11 小林悠
13 大久保嘉人

横浜F・マリノス 昨季の屈辱を晴らすべく臨む“神奈川ダービー”

 ピッチに突っ伏し、両手で顔を覆った。震える背番号25の背中は、昨季のJリーグを象徴するシーンとなってしまった。2013年12月7日、等々力陸上競技場で行われたJ1最終節、川崎vs横浜FMの“神奈川ダービー”。9年ぶりの優勝を逃した敗北は今もなお、胸の深いところでうずいている。DFリーダーの中澤佑二はあえて言う。「去年、負けた悔しさをエネルギーとしてやっている。勝ち点を積み上げないといけない」。まさにプライドを懸けた一戦だ。

 W杯メンバーに初選出された齋藤学の調子も上がってきた。練習からキレのある動きを披露。名門のプライドを受け継ぐ背番号11は代表入りの重圧からも解放され、第2節以来の得点に期待が懸かる。また前節鳥栖戦で今季初得点を奪った中村俊輔にも復調の兆しが見える。司令塔の復活によって、3試合ぶりに「4-2-3-1」の布陣が濃厚となっている。

 鳥栖戦では首位の勢いに気圧されて完敗。前々節のG大阪戦から始めた2トップは攻守で機能せず、チームの土台が根本から揺らいでしまった。ACLから中3日となる川崎と比べ、体調面では大きなアドバンテージを持っているが、「Jリーグで1番完成されたチーム」と樋口靖洋監督。敵地でのリーグ戦は2勝2分6敗と旗色も悪い。ただ、15位と降格圏が迫っている状況で、そんなことは言っていられない。2010年以来の勝利が、あの屈辱を少しでも晴らすことになる。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-4-2
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
5 ドゥトラ
MF
25 藤本淳吾
26 三門雄大
27 富澤清太郎
11 齋藤学
FW
19 藤田祥史
16 伊藤翔

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
45pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る