FOLLOW US

大分DF高木和道、右ヒラメ筋肉離れで全治約2週間の離脱

 大分トリニータは5日、DF高木和道が右ヒラメ筋肉離れで、全治約2週間と診断されたことを発表した。高木は3月30日に行われたJ2第5節のファジアーノ岡山戦で負傷した。

 高木は1980年生まれの33歳。今シーズンはリーグ戦開幕5試合に先発出場したが、岡山戦では32分に途中交代していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA