FOLLOW US

無観客試合を戦い、浦和FW原口「やっぱりサポーターは大切な仲間」

清水戦で同点ゴールを決めた原口 [写真]=清原茂樹

 J1第4節が23日に行われ、浦和レッズ清水エスパルスが対戦。8日に行われたホームのサガン鳥栖戦で、スタンドコンコースに差別的横断幕が掲出されたため、Jリーグ史上初の無観客試合で行われた埼玉スタジアム2002での一戦は、前半に清水の長沢駿、後半に原口元気の得点が生まれ、試合は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、同点ゴールを決めた浦和の原口は、以下のようにコメントしている。

「いつもどおりやりたいと思っていた。どうしても気持ちの部分で難しかった。後半やっとスイッチが入った。やっぱりサポーターの力によって、動かされている部分は大きなと本当に感じた。特に自分はそう。周りからも『お前今日どうしたの?』と言われた。イメージはしていたが、無観客でもちゃんと自分自身でコントロールして、いつもと同じようなメンタルでプレーしたかった。初めての体験で、同じようなメンタルではプレーできなかった。難しいことだけど、それでももっと気持ちはこめてプレーしたかった」

「やっぱりサポーターは大切な仲間だと思う。それを深く感じた。また一緒に戦っていきたいという思いが凄い強くなった。今日は引き分けで勝ちたかったが、今度は(サポーターと)スタジアムで一緒に戦って、新たな一歩として勝ちたいと思う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO