2014.03.20

【J1第4節展望&予想スタメン】名古屋vs神戸 ケネディかマルキか、鍵を握るのは攻撃陣

名古屋のオフェンスを牽引するケネディ [写真]=Getty Images

名古屋グランパス 3連勝を目指し、好調ケネディの連続ゴールに期待

 リーグ戦2連勝中の名古屋。勢いが出てきているだけでなく、内容面の成長が著しい。前節・柏戦の前半は、2列目の選手までが絡む、厚みのある攻撃を披露。主導権を握ったアグレッシブな戦いは、開幕3試合で一番の出来だった。さらには大砲・ケネディが絶好調。昨季はけがで出遅れ、波に乗るまで時間がかかったが、2ゴール2アシストとエンジン全開の活躍を見せている。ナビスコ杯を若手主体で戦ったことで疲労もなく、チームを底上げすることもできた。プラス材料は多く、万全の状態でホーム2戦目を迎えられそうだ。

 ただし、「正直、相手に助けられた部分もあった」(玉田圭司)と、反省を促す声もある。柏戦では多くのチャンスを作ったものの、主導権を握ったわりに決定機と呼べる場面は少なく、唯一の得点もケネディの高さでもぎ取ったものだった。安定感を増してきている守備にしても、相手の攻撃が迫力不足だった点は否めない。したたかな相手ほど、一瞬の隙を突いてくるもの。連勝にも地に足をつけているからこそ、チームの伸びしろを感じさせるが、先制点の行方次第では別の結果になっていたかもしれないだけに、玉田の危機感をチーム全体で共有したいところである。

 3連勝を懸けて迎え撃つは、大型補強を敢行した神戸。成長途中のチームが現在地を計るには打って付けの“難敵”と言えそうだ。力のある相手を崩し切るだけの精度を備え、主導権を握った中で、まずは先手を取りたい。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
1 楢崎正剛
DF
14 田鍋陵太
2 大武峻
4 田中マルクス闘莉王
15 本多勇喜
MF
13 磯村亮太
8 ダニルソン
38 枝村匠馬
10 小川佳純
FW
16 ケネディ
11 玉田圭司

ヴィッセル神戸 ブラジルトリオが名古屋に牙を剥く

 J1第3節のFC東京戦では、シンプリシオや小川慶治朗が不在の中、終盤は苦戦を強いられるも、森岡亮太の今季初得点や、GK山本海人、DF岩波拓也らの身体を張ったプレーもあり、待望のJ1復帰後初勝利、J1通算150勝をホームで達成することができた。リーグ戦では負けなしをキープした中、今節ではかつて神戸を率いた経験を持つ名将、西野朗監督率いる名古屋との対決に臨む。

 その中で、開幕戦のシンプリシオ、第2節のペドロ・ジュニオールに続き、第3節ではマルキーニョスにも加入後初得点が生まれ、早くも新ブラジルトリオが揃い踏み。シンプリシオが出場停止から復帰する今節では、この3人のコンビプレーに、さらなる期待が膨らむ。

 また、開幕2試合ではスーパーサブで、FC東京戦とナビスコ杯のG大阪戦では先発でプレーした19歳の松村亮は、今、注目の逸材。若きドリブラーは、神戸の攻撃にアクセントを加え、FC東京戦では2得点に絡み、前線からの守備でも貢献しているだけに、この17番の起用法にも注目したい。ただし、メンバーを入れ替えて臨んだ19日のG大阪戦では、0-2と今季初黒星を喫した。攻守両面で課題を露呈しただけに、短い間隔でどこまで修正できるかもポイントになる。リーグ戦7連敗中、10戦勝ちなしと、神戸にとって名古屋戦は鬼門だが、ここを打破することがチームの成長につながるはずだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
22 山本海人
DF
2 高橋峻希
19 岩波拓也
16 増川隆洋
21 茂木弘人
MF
6 シンプリシオ
16 チョン・ウヨン
7 ペドロ・ジュニオール
10 森岡亮太
17 松村亮
FW
18 マルキーニョス

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る