FOLLOW US

天皇杯決勝進出の横浜FM栗原勇蔵「リーグ戦の借りを返せる」

 天皇杯準決勝が29日に行われ、横浜F・マリノスサガン鳥栖が対戦。横浜FMが2-0で勝利を収め、1992年以来、21年ぶりとなる決勝進出を決めた。

 先発出場してハーフタイムで交代した横浜FMのDF栗原勇蔵は試合後、以下のようにコメントした。

「(交代について)足が気になってダッシュができなかった。それでハーフタイムで代わった。キム・ミヌのスライディングの時にちょっと。どこでひねったか分からないけど。ちょっと前半やってよくなるかなと思ったけど、痛みが引かなかったので無理しないで代わりました。ただ、試合が終わって痛みも出ないし、感覚的にはちょっとひねった時くらいの感じで。だから次はたぶん大丈夫かなと」

「今日、半分しかやらなかったので、みんなより元気だからね。ここ数年はいつも負けていたから、これで広島が上がってくればリーグ戦の借りを返せるかなと。元旦に試合をするのは初めてだから楽しみ。次、頑張ります」

 今季のJ1で2位だった横浜FMは、来年1月1日の決勝で、J1との2冠を狙うサンフレッチェ広島と対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA